ランキング

俳優からモデルまで新潟出身の芸能人を人気ランキングで紹介

『新潟美人』という言葉があるように、新潟県は顔立ちが整った人が多い県として有名です。また、努力家の人が多い県としても知られ、芸能界の中でもコツコツとした努力で有名になる人が少なくありません。新潟県出身の芸能人をランキング形式で紹介します。

新潟出身の芸能人が意外に多い理由とは?

雪国のイメージが強い新潟県は、実は芸能人が多いことでも知られます。ここでは、新潟出身の芸能人が多い理由を、県民性や地理的要因から解説します。

芯が強く頑張り屋

新潟県の人は真面目で芯が強く、頑張り屋な人が多いといわれています。新潟県は全国有数の豪雪地帯であり、冬の間は雪に囲まれた厳しい自然環境で過ごしているため、真面目で忍耐強い人やコツコツと仕事をする人が多い傾向があるようです。

真面目で忍耐強い県民性のおかげで、ヒットするまでが大変といわれる芸能界でも、諦めることなく努力を続けることができるのでしょう。それが、新潟出身の芸能人が多い理由につながっているといわれています。

実は東京へのアクセスがよい

新潟県から東京に行くまで、最低でも二つの県をまたぐことになります。そのため、東京まで行くのは大変だと思う人も多いかもしれません。

しかし実は、上越新幹線を利用すれば、東京駅から新潟駅まで2時間程度で行くことができます。また鉄道以外にも、東京と新潟県を結ぶ関越自動車道や新潟空港があり、さまざまな方法でアクセスが可能です。

放送局や芸能事務所が多くある東京へのアクセスがよいことも、新潟出身の芸能人が多い理由といえるでしょう。

色白美人の女性が多い

新潟県には色白美人が多いといわれ、古くより『新潟美人』という言葉が存在します。全国有数の豪雪地帯である新潟県は、冬になると連日のように雪が降ります。そのため、他県に比べると日照時間が短く、色白な人が多いようです。

また、全国有数の米の産地である新潟県には、以前は大きな花街がありました。東北や北陸などの周辺地域から美人が集まり、その血筋が残って美人が多く生まれたとする説もあります。

整った容姿が非常に重要な芸能界において、色白で美人というのは大きな強みといえるでしょう。

新潟出身の芸能人ランキングの算出方法

タレントパワーランキング新潟出身の芸能人ランキングは、どのような方法で算出しているのでしょうか?ランキングを紹介する前に算出方法を解説します。

当社独自の集計方式で算出

新潟出身の芸能人ランキングは、『株式会社アーキテクト』が実施する業界最大規模のタレント調査『タレントパワーランキング』をもとにパワースコアを算出しました。こちらのデータから、ランキングが作成されています。

パワースコアとは、調査結果をもとに、タレントの認知度(顔と名前を知っている)と誘引率(見たい・聴きたい・知りたい)を掛け合わせた値です。

今回のランキングは、2021年11月に行われた調査を中心に過去データ(2016年~)も含めて作成しています。

新潟出身の芸能人ランキング

順位 タレント名 パワースコア 調査時期
1位 高橋克実 25.4 2021年11月
2位 渡辺謙 22.9 2021年08月
3位 樋口可南子 17.3 2016年05月
4位 永井大 14.4 2017年05月
5位 馬場ふみか 11.1 2021年11月
6位 西山茉希 10.6 2018年5月

新潟出身の芸能人ランキングにはモデルや女優、人気俳優などさまざまな芸能人がランクインしています。各タレントの詳細を解説していきます。

西山茉希は新潟県長岡市出身のモデル・タレントで、ファッション雑誌『CanCam』で専属モデルを務めたことで人気となりました。CanCam卒業後は、コンサバ・キャリア系雑誌『GINGER』のレギュラーモデルとして活動しています。

また、総合格闘技番組『SRS』や歌番組『ベストヒット歌謡祭』ではMCを務め、ほかにも『ヒルナンデス!』『にじいろジーン』などの人気番組にも出演するなど、活躍の幅を広げています。

2013年には結婚しましたが2019年に離婚し、現在は2児のママタレントとして活躍中です。

馬場ふみかは、2014年公開の映画『パズル』で女優デビューし、芸能界入りしました。続いて特撮ドラマ『仮面ライダードライブ』で悪役ヒロインを務めたことで話題となり、劇場版にも出演しています。

仮面ライダーで知名度を上げると、2017年の『お前はまだグンマを知らない』や、人気ドラマ『コード・ブルー ドクターヘリ緊急救命』などの話題作へ出演しました。

また、ドラマや映画に数多く出演する傍ら、女性ファッション雑誌『non-no』では専属モデルを務めるなど、モデルとしても活躍しています。

新ドラマ『3Bの恋人』で馬場ふみかが3人のイケメンたちと共同生活旬の女優インタビュー 馬場ふみか・前篇 ドラマ『3Bの恋人』(ABCテレビ1月10日スタート・テレ朝1月9日深夜スタート)で主演し...

永井大は、スーパー戦隊シリーズ『未来戦隊タイムレンジャー』で俳優デビューを果たしました。

代表的な出演作には『特命係長 只野仁』シリーズや、2011年のドラマ『俺の空 刑事編』 などがあります。ドラマ『サラリーマン金太郎』では、主演の金太郎役を務めました。

また、特技は空手で、過去には全国大会で優勝したことがあるほか、インターハイでは5位に輝いた実力の持ち主です。

空手で鍛えた肉体を生かしてスポーツ系バラエティ番組にも出演しており、さらに格闘家を描いた映画『新・空手バカ一代』では主演も務めるなど、肉体派俳優としての側面も持ち合わせています。

樋口可南子は、大学時代のスカウトがきっかけで芸能界に進出し、1978年のドラマ『こおろぎ橋』で女優デビューしました。

長年活躍する実力派の女優として知られており、デビューから2年後の1980年に公開された映画『戒厳令の夜』では、ゴールデンアロー賞新人賞を受賞しました。

また、人気シリーズ『男はつらいよ』の35作目『寅次郎恋愛塾』や、1991年公開の映画『四万十川』といった話題作に数多く出演しています。

近年ではNHK大河ドラマ『篤姫』や、NHK連続テレビ小説『おひさま』などに出演するほか、ソフトバンクのCMにも登場しています。

渡辺謙は日本のみならず、ハリウッドでも活動している世界的な俳優です。もともとは演劇中心で活動していましたが、1984年の映画『瀬戸内少年野球団』でスクリーンデビューし、1987年放送のNHK大河ドラマ『独眼竜政宗』でブレイクしました。

その演技力の高さから海外でも目覚ましい活躍をしており、2003年にはトム・クルーズ主演のハリウッド映画『ラスト サムライ』に出演したことでも話題となりました。

その後も、『インセプション』『硫黄島からの手紙』といった、世界規模で公開されている映画に出演するなどの快挙を成し遂げています。

高橋克実は上京後にに劇団に入団し、映画『ウェルター』でスクリーンデビューを果たした俳優・タレントです。1990年代のドラマ『ショムニ』でブレイクしたことで、さまざまな作品や番組に出演するようになります。

出演した代表的なドラマ作品は、2012年のNHK連続テレビ小説『梅ちゃん先生』や、2013年のドラマ『ビブリア古書堂の事件手帖』などです。

また俳優だけでなく、タレントとしてバラエティ番組に出演することも多く、『トリビアの泉』や『爆笑レッドカーペット』などの人気番組にも出演しました。

新潟出身の芸能人の魅力を知ろう

全国有数の豪雪地帯で米の産地としても有名な新潟県は、歴史や地理的要因から色白美人が多い県です。そんな新潟県からは、俳優・タレント・モデルなど幅広いジャンルの芸能人が輩出されています。

今回は、新潟出身の芸能人の中から、特に人気のある人を6人ピックアップしてランキング形式で紹介しました。お茶の間でもよく見かける芸能人の出身地を知ることで、テレビや映画をより楽しめるようになるでしょう。

関連記事
女性タレント

4月14日スタートの『恋はDeepに』で主演する石原さとみが、主人公の海洋学者の衣装やメイクのこだわりを語る

4月 13, 2021
タレントパワーランキング
旬の女優インタビュー 石原さとみ・前篇 数多くの連ドラで主演してきた石原さとみ。4月14日にスタートする『恋はDeepに』(日テレ系) …