ランキング

【企業のキャスティング担当者必見!】マーケティング戦略の最重要世代とされる「F1層(20~34歳女性)」の支持が特に高い男性タレント・女性タレントBEST10

新しいトレンドに敏感で消費動向のカギを握る世代としてつねにクローズアップされているのが、「F1層」と呼ばれる20歳から34歳までの女性です。FはFemale=女性の頭文字で、男性はM(Male)で表します。テレビドラマやCMでも、F1層をターゲットにしたものが多く見られます。

今回はタレントパワーランキングの最新調査結果から、F1層の関心が高い男性タレント・女性タレントの各ベスト10をこの世代で高い注目を集めている理由を解説しながら紹介します。

タレントパワーランキングの算出方法

タレントパワーランキングタレントパワーランキングは、アーキテクトが年4回実施しているタレント調査です。日本国内で活動するのタレントから認知率の上位者をリストアップして、認知度(「名前も顔も知っている」と回答した割合)、誘引率(名前も顔も知っていると答えた回答者の中で「もっとい見たい・聞きたい・知りたい」と回答した割合)を調査しています。

調査結果は、10代〜60代の男女を5歳きざみで集計。認知度と誘引率を掛け合わせて算出した、タレントの「人気度」の指標がパワースコア(タレントパワー)です。

F1層の支持が特に高い男性タレントTOP10/女性タレントTOP10の選定方法

今回は2021年11月度調査で20~34歳女性におけるパワースコアのランキングをベースに、全世代のパワースコアとのポイント差や順位差などを精査して、「F1層での支持が特に高いタレント」を独自選定してランキングにしました。ランキングの監修は評論家の高倉文紀が行いました。

F1層の支持が高い男性タレントBEST10

ベストテン下位には意外な俳優・お笑いコンビがランクイン

F1層の支持が高い男性タレント第10位 千葉雄大

10位には俳優の千葉雄大です。男女全年齢でのパワースコアは男性タレント89位ですがF1層では29位で、この年代での注目度の高さがうかがわれます。前回の48位から上昇。2021年秋クールの連ドラ『アバランチ』(カンテレ/フジ系)に出演して注目度がアップしました。

F1層の支持が高い男性タレント第9位 バナナマン

お笑いタレントでFI層の支持が目立っているのは、バナナマンです。男女全年齢ではお笑い部門9位ですが、F1層ではサンドウィッチマンに続くお笑い部門2位となる男性13位にランクインして、全年齢で彼らよりも上位に入っているタモリ、明石家さんま、千鳥らのスコアを上回っています。

 

『バナナマンのせっかくグルメ!!』(TBS系)、『沸騰ワード10』(日テレ系)などでMCとして活躍しているほか、F1層での支持も高い乃木坂46の冠番組『乃木坂工事中』(テレ東系)でMCを担当していることもこの世代で好感度が高い要因になっているのかもしれません。

F1層の支持が高い男性タレント第8位 神木隆之介

ドラマ『妻、小学生になる。』(TBS系)に出演中の神木隆之介が8位。F1層での支持が高い実力派俳優です。F1層でのパワースコアは男性18位で、男女全年齢では上位に入っている阿部寛・大泉洋・ムロツヨシ・菅田将暉らの俳優を上回っています。

 

大ヒットを記録した映画『るろうに剣心』シリーズ、アニメ映画『君の名は』『天気の子』の声優でも活躍したことが、この世代での支持につながっていると考えられます。2023年放送予定のNHK朝ドラ『らんまん』の主役にも決定しています。

F1層の支持が高い男性タレント第7位 川島明(麒麟)

7位に入ったのは、『ラヴィット!』(TBS系)のメインMCとして活躍中の麒麟・川島明。男女全年齢では男性93位ですが、F1層に限ると男性19位・お笑いタレント部門6位で、この世代での注目度の高さが目に付きます。

F1層の支持が高い男性タレント第6位 吉沢亮

昨年のNHK大河ドラマ『青天を衝け』で主演した吉沢亮が6位に入りました。男女全年齢では男性79位ですが、F1層では19位と高い支持を集めています。

 

橋本環奈と共演しているスズキ「ソリオ」のCMも人気を集め、「2022年1月度CM好感度ランキング」(CM総合研究所)で自動車類1位になりました。

 

トップ5はジャニーズ事務所勢が独占

F1層の支持が高い男性タレント第5位 Sexy Zone

中島健人・菊池風磨・佐藤勝利・松島聡・マリウス葉の5人(現在はマリウス葉が活動休止中)によるアイドルグループ・Sexy Zoneが5位。

 

男女全年齢では276位ですがF1層では13位。FI層と男女全年齢でのパワースコアのポイント差は27.4ポイントで、FI層でのパワースコア上位20位までの男性タレントでは最大となっています。メンバーでは中島健人が個人でもF1層で高いスコアを示しています。

F1層の支持が高い男性タレント第4位 King&Prince

4位のKing&Princeは、映画『かぐや様は告らせたい』主演の平野紫耀、朝ドラ『おかえりモネ』でも活躍した永瀬廉、ドラマ『ドラゴン桜』に出演した髙橋海人、『VS魂』(フジ系)レギュラーの岸優太、4月スタートの『受付のジョー』(日テレ系)で連ドラ単独初主演する神宮寺勇太の5人によるジャニーズ事務所所属の男性アイドルグループです。今年1月から初の冠番組『King & Princeる。』(日テレ系)のレギュラー放送がスタートしました。

 

男女全年齢では男性158位、F1層においては8位で、この世代の女性の関心の高さが目立っています。平野紫耀は個人でも高いスコアを示しています。

F1層の支持が高い男性タレント第3位 相葉雅紀

F1層での嵐メンバーの支持は高く、休業中のリーダー・大野智を除く5人がベスト10に入っています。CM出演が多いのもうなずけます。

 

その中で相葉雅紀は、バラエティ番組のMCでも活躍して幅広い年代に支持され、男女全年齢でも男性10位に入っていますが、F1層では男女全年齢で1位になった大谷翔平や2位のサンドウィッチマンを上回って、男女タレント合わせての1位に輝きました。

F1層の支持が高い男性タレント第2位 松本潤

松本潤は幅広い年代の女性で支持され、女性全年齢で男性4位に入っています。F1層に限るとさらにスコアが高く、相葉雅紀に次ぐ2位。F1層と男女全年齢のパワースコアのポイント差は相葉雅紀が21.6ポイントに対して松本潤は22.2ポイントで、ほかの世代に比べてF1層で特に支持が高い点を重視して、松本を上位に取りました。

 

現在放送中の『となりのチカラ』は松本にとって初のテレ朝系連ドラ主演です。2023年に放送予定のNHK大河ドラマ『どうする家康』で主人公の徳川家康を演じます。

F1層の支持が高い男性タレント第1位 生田斗真

1位は、主演映画『渇水』が今年公開予定の生田斗真です。男女全年齢では男性10位に対しF1層では3位に入り、パワースコア差は26.4ポイント。ポイント差の大きさは、Sexy Zoneに次ぐ2位でした。年代別に見ると10代女性で53位、F2層(35~49歳女性)では20位で、F1層での支持が特に高くなっています。

 

F1層でのランキングでは、前回14位から大きく順位を上げました。10月に妻である女優・清野菜名が第1子妊娠を発表したことも、注目度が上昇した要因になったようです。

 

F1層の支持が高い女性タレントBEST10

田中みな実・小松菜奈・仲里依紗もベストテン入り

F1層の支持が高い女性タレント第10位 仲里依紗

女性タレント10位は、演技派女優としておなじみの仲里依紗です。男女全年齢では女性69位に付けていますが、F1層では18位と高い順位になっています。

 

FI層での高い支持の要因となっているのは、2020年に開設したYou Tube公式チャンネルです(2022年2月現在の登録者数は154万人)。You Tubeでの発信によって新しいファン層を広げた女優の代表株と言っていいでしょう。CM起用も再び増えているほか、今年1月には初冠番組『仲里依紗のフリータイム』が地元・長崎のKTNテレビ長崎で放送されました(FODやFANYチャンネルで配信中)。

F1層の支持が高い女性タレント第9位 小松菜奈

9位は女優の小松菜奈です。ほかの年代と比べてF1層でのパワースコアの高さが特に目立っている女優のひとりで、男女全年齢で女性94位に対してF1層では16位。パワースコアのポイント差は17.9で、F1層でパワースコア20位までに入った女性タレントの中では2番目に大きくなっています。

 

F1層のパワースコアランキングでは前回57位からの急上昇で、2021年秋に映画『ムーンライト・シャドウ』『恋する寄生虫』の2本の主演映画が公開されたほか、11月15日に俳優の菅田将暉との結婚を発表したことが上昇要因になりました。

F1層の支持が高い女性タレント第8位 田中みな実

元TBSアナウンサーで、現在は番組MCだけでなく女優としても活躍している田中みな実が8位にランクインしました。

 

この年代の女性から支持を集めている『グータンヌーボ2』(カンテレ/フジ系)のMCを務めていることでも注目度が高く、男女全年齢では女性64位ですがF1層では14位にランクインしています。

F1層の支持が高い女性タレント第7位 中条あやみ

2021年は『ぐるぐるナインティナイン』(日テレ系)の「ゴチになります!」にレギュラー出演した中条あやみが7位。

 

『Seventeen』専属(2011~2017年)を経て2017年から『CanCam』専属モデルとして活躍して、この年代の女性の間でカリスマ的存在として人気を集める女優で、男女全年齢で女性38位に対してFI層では13位にランクインしています。

F1層の支持が高い女性タレント第6位 橋本環奈

2021年は映画『劇場版ルパンの娘』に出演して話題を集めた橋本環奈が6位。前々回調査の2021年5月度にはFI層のパワースコアランキングで女性2位に上昇しましたが、11月度は6位でした。

 

今年2月から東京・帝国劇場で上演されている舞台『千と千尋の神隠し』で主演しています(上白石萌音とWキャスト)。

 

『ハコズメ』で共演した2人がともにトップ5入り

F1層の支持が高い女性タレント第5位 永野芽郁

5位は永野芽郁。男女全年齢で18位、女性全体では25位ですが、F1層においては10位にランクインして、この世代での支持の高さが目立っています。

 

2021年10月29日に公開された主演映画『そして、バトンは渡された』でも注目を集め、11月度調査では男女全体でも自身過去最高のパワースコアを記録しました。

F1層の支持が高い女性タレント第4位 水卜麻美

4位は日本テレビの水卜麻美アナウンサー。8位の田中みな実に続いて女性キャスター部門から2人目のベストテン入りとなりました。男女全年齢では女性10位ですが、FI層では2021年5月・8月に続いて3期連続で4位と安定した人気を見せています。朝の情報番組『ZIP!』(日テレ系)を総合司会担当して、身近な存在として親しまれています。

F1層の支持が高い女性タレント第3位 新垣結衣

新垣結衣は男女全年齢・女性全体でともに1位で、「F1層で特に人気が高い」という要素はやや薄くなりますが、FI層でのパワースコアランキングで女性トップに立ち、この世代でも注目度が高いことを示しています。

 

2021年は連ドラ出演がありませんでしたが、今年はNHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』に出演中で、次回の調査ではスコアを伸ばす可能性が高いでしょう。

F1層の支持が高い女性タレント第2位 北川景子

FI層でのパワースコアは新垣結衣に次ぐ女性2位ですが、男女全年齢と比べて11.3ポイント高くなっており、スコア差では新垣結衣の8.5ポイントを上回っています。

 

立川志の輔の落語を映画化した今年5月公開予定の『大河への道』で、市役所観光課課長、伊能忠敬の妻の2役を演じています。

F1層の支持が高い女性タレント第1位 戸田恵梨香

1位は戸田恵梨香です。F1層でのパワースコアの高さが極めて目立っている女優で、男女全年齢では女性12位ですが、この年代でのパワースコアは北川景子と並ぶ2位タイでした。男女全年齢とパワースコア差は18.6ポイント。これはFI層での女性タレント上位20名の中で最大です。

 

同じくFI層の支持が高い永野芽郁と共演した2021年7~9月放送のドラマ『ハコヅメ〜たたかう!交番女子〜』(日テレ系)はSNS上でも大きな反響を集めました。戸田(6位→2位)・永野(48位→10位)の2人ともFI層でのパワースコアのランキングで上昇していることから、『ハコズメ』での好演のインパクトが与えた影響は大きいと考えられます。

 

文/高倉文紀

 

関連記事
女性タレント

蒔田彩珠「役積み」で中学に登校、新聞配達も!

10月 30, 2020
タレントパワーランキング
今年は『#ハンド全力』(松居大悟監督)、『星の子』(大森立嗣監督)、『朝が来る』(河瀨直美監督)と3本の映画で注目度を上げた18歳の蒔田彩珠。なかでも『朝が来る』では、14歳で子ど …