ランキング

血液型がO型の人気芸能人をチェック!O型の特徴やあるあるも紹介

血液型がO型の芸能人には、どのような人がいるのでしょうか。役者やお笑い芸人、モデル、歌手など、どのジャンルでも人気のO型芸能人がいます。O型のあるあるも踏まえた上で、人気のO型芸能人ランキングを男女別に紹介していきます。

血液型がO型の人の特徴は?

O型の人によく見られる行動パターンや性格には、どのようなものがあるのでしょうか。O型の人にありがちな傾向をまとめました。

行動力がありパワフル

O型の人はポジティブな性格が多い傾向があります。それゆえ何事も前向きに取り組み、行動力に満ちているのが特徴です。

自分がしたいことに対して貪欲なため、欲深いと受け取られることもあります。しかし、裏を返せば、それだけまっすぐで分かりやすく素直であるともいえるでしょう。

困難や逆境に対しても正面からぶつかり、力強い姿で目標に向かって進んでいく人が多いのです。

懐に入れた人を大切にする

ほかの血液型と比べて仲間意識が強いのもO型の特徴です。人付き合いが上手で、特に親しい人に対しては近い距離感で親切に振る舞います。

世話を焼くことを面倒がらず、困ったときは助けになってくれるでしょう。懐に入れば裏表なく本音で接してくれるため、とても付き合いやすい性格です。

もちろん、まだ距離が縮まっていない状態だからといってよそよそしいわけではなく、コミュニケーション能力の高さで集団になじむ力も持ち合わせています。

恋愛では一途な面も

恋愛面でいえば、O型の人は愛情深く一途な傾向があります。男性であっても女性であってもそれは同じです。

一度好きになった人を長く愛し続ける性格のため、付き合うと長続きしやすいでしょう。また両思いになりたいという願望が強く、行動力もあるため、アプローチが強い傾向があります。

深く愛する性格ゆえ、相手にもそれを求めやすいことで愛情の差から喧嘩になる恐れがあるのが玉にきずです。好きな気持ちが強いのは良いことですが、重いと思われて好意がマイナスに働くこともあるでしょう。

O型芸能人のランキング算出方法

タレントパワーランキングO型芸能人のランキングは『株式会社アーキテクト』が実施しているタレントパワーランキングの最新調査結果をもとに抽出しました。ランキングの調査方法について紹介します。

当社独自の集計方式で算出

O型芸能人のランキングは、株式会社アーキテクトが実施する業界最大規模のタレント調査『タレントパワーランキング』をもとにパワースコアを算出、こちらのデータからランキングが作成されています。

パワースコアとは、調査結果をもとに、タレントの認知度(顔と名前を知っている)と誘引率(見たい・聴きたい・知りたい)を掛け合わせた値です。

今回のランキングは、2022年に行われた調査をもとに作成しています。

【男性】O型の芸能人人気ランキング

順位 タレント名 スコア 調査時期
1位 タモリ 40.8 2022年8月
2位 博多大吉(博多華丸・大吉) 38.8 2022年8月
3位 所ジョージ 38.5 2022年8月
4位 竹野内豊 38.2 2022年8月
5位 福山雅治 38.0 2022年8月
6位 米津玄師 37.8 2022年8月
7位 小栗旬 37.5 2022年8月
8位 日村勇紀(バナナマン) 37.1 2022年8月
9位 設楽統(バナナマン) 37.0 2022年8月
10位 遠藤憲一 36.4 2022年8月
11位 飯尾和樹(ずん) 36.0 2022年8月
11位 小峠英二(バイきんぐ) 36.0 2022年8月
11位 堺雅人 36.0 2022年8月

O型の男性芸能人ランキングには、特にバラエティを中心に活躍しているタレントが多くランクインしました。個々の活躍を見ていきましょう。

1973年生まれで、1992年頃から役者活動を行っています。

連続テレビ小説『オードリー(2000年)』やNHK大河ドラマ『新撰組!(2004年)』へ出演し存在感を強めていき、『リーガル・ハイ(2012年)』『半沢直樹(2013年)』では主演を務めて作品を大ヒットさせました。

映画にも多く出演しており、『アフタースクール(2008年)』『クライマーズ・ハイ(2008年)』『ゴールデンスランバー(2010年)』『鍵泥棒のメソッド(2012年)』『DESTINY 鎌倉ものがたり(2017年)』などが主な出演作です。

お笑いコンビ・バイきんぐとして相方の西村瑞樹とともに活動しているタレントです。

日常でよくある設定を生かしたコントに定評があり、2012年にはキングオブコントでグランプリに輝いています。

バラエティ番組でもキレのあるつっこみを度々披露し、多くのバラエティ番組で番組を盛り上げている優れた芸人です。2022年にはバイきんぐ単独ライブ『キャバレー』を開催し、ライブビューイングも行いました。

1968年生まれで、お笑いコンビ・ずんの一員として相方のやすとともに活動している芸人です。

お笑い以外にもエッセイ、俳優業など幅広く活躍しており、マルチな才能を発揮しています。2022年9月には最新のエッセイ『師匠!いらしたんですか』が発売予定です。

レギュラー番組も多数持っており、『まるごと「ずん飯尾のペコリーノ」』『ZIP!』『VS魂グラデーション』『ピタゴラスイッチ』『さんまのお笑い向上委員会』のほか、不定期で『マツコ&有吉 かりそめ天国』『あしたの内村!!』にも出演しています。

1961年生まれの俳優で、バイプレイヤーとして知られています。2022年10月からは『親愛なる僕へ殺意をこめて』に出演予定です。

これまで『池袋ウエストゲートパーク(2000年)』『不毛地帯(2010年)』『ドロ刑-警視庁捜査三課-(2018年)』やNHK大河ドラマ『真田丸(2016年)』にも出ていました。

老若男女問わず好感度が高く、パナソニック・アデランス・ハンコヤドットコムといった企業のCMにも出演しているタレントです。

1973年生まれで、お笑いコンビ・バナナマンの一員として相方の日村勇紀とともに活動している芸人です。

バラエティ番組で活躍しながらライブも精力的に行っており、クオリティの高いコントに定評があるコンビです。

『ノンストップ!』『YOUは何しに日本へ?』『バナナサンド』『奇跡体験!アンビリバボー』などジャンルを問わず多くのテレビ番組に出演しています。

1972年生まれで、お笑いコンビ・バナナマンの一員として相方の設楽統とともに活動している芸人です。

バラエティ番組ではコミカルなビジュアルを生かして笑いを取ったり、ライブではクオリティーの高いコントを披露したりと、実力を高く評価されています。

芸人以外にも俳優として映画『横浜ばっくれ隊』『舞子haaaan!!!』の出演や、『ミニオンズ』『ペット』の声優など幅広く活動してます。

1982年生まれで、ドラマ・映画を中心に活躍している俳優です。エランドール賞新人賞、ゴールデンアロー賞放送賞、日本映画批評家大賞主演男優賞など、これまで多くの賞を獲得しています。

映画『クローズZERO(2007年)』『宇宙兄弟(2012年)』『ルパン三世(2014年)』といった作品で主演を務めました。

2022年にはNHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』に主役の北条義時役で出演しています。漫画の実写版から時代劇、声優まで幅広くこなせる実力の持ち主です。

1991年生まれで、歌手として活動しています。2009年頃からハチという名前でニコニコ動画に曲を投稿し、若年層を中心に大きな人気を獲得しました。

2012年に米津玄師名義でも楽曲を出すと、『サンタマリア』『Flowerwall』『ピースサイン』などのヒット曲を連発します。

2018年の楽曲『Lemon』は特に大ヒットし、ドラマアカデミー最優秀ドラマソング賞や日本レコード協会史上最速100万DL認定を受けました。

俳優・菅田将暉やジャニーズのユニット・嵐への楽曲提供やRADWIMPSの野田洋次郎とコラボを行うなど、他タレントとの絡みも多いアーティストです。

1969年生まれで、歌手・俳優・ラジオパーソナリティなど幅広い分野で活躍しているタレントです。

歌手としてはこれまでに「IT’S ONLY LOVE」「HELLO」がミリオン、「桜坂」がダブルミリオンセラーを達成。

俳優としては『ガリレオ』シリーズが特に人気を集めており、最新作『沈黙のパレード』が2022年9月に公開しました。

また、映画公開に伴い、柴咲コウとのユニット・KOH+による「ヒトツボシ ~ガリレオ Collection 2007-2022~」をリリースしたことも話題になっています。

1994年にドラマ『ボクの就職』でデビューを飾り、数々のトレンディドラマに登場した俳優です。

ドラマ『星の金貨』『ロングバケーション』『ビーチボーイズ』と人気ドラマで活躍し、初出演の映画『冷静と情熱のあいだ』でで、日本アカデミー賞主演男優賞を受賞しました。

2023年には、山田孝之とW主演の映画『唄う六人の女』の公開も控えており、ますます活躍が楽しみな俳優です。

シンガーソングライターであり、コメディアン、俳優としてのキャリアもあるマルチタレントです。

『所ジョージの世田谷ベース』という雑誌を発行していたり、自身のYouTubeチャンネルでバイクやDIYの動画を公開していたりと、好きなことを追求する姿勢は多くの人の憧れとなっています。

自然体でいろいろな番組をこなすこともでき、『1億人の大質問!?笑ってコラえて!』を始めとして多くのバラエティに長く出演しているタレントです。

1971年生まれで、お笑いコンビ博多華丸・大吉として相方の博多華丸とともに活動しています。

コンビでたくさんのバラエティ番組・ネタ見せ番組に出演する一方で、2008年にはアメトーーク大賞流行語大賞、2009年にはべしゃり・オブ・ザ・イヤー2009の5位とピンでも結果を残してきました。

映画『nijiko(2007年)』への出演や書籍『年齢学序説』の発売などお笑い以外でも活躍しているタレントです。

 

1945年生まれで、コメディアンとして活躍しながら多くの番組で司会業もこなしてきたタレントです。ビートたけし・明石家さんまと並びビッグ3と呼ばれています。

『森田一義アワー 笑っていいとも!』『タモリ倶楽部』『ミュージックステーション』など数々の長寿番組で親しまれており、抜群の知名度を誇っています。

現在も『ブラタモリ』でロケをしたり『タモリ倶楽部』でシュールかつアングラな世界観を楽しんだりと、多方面で活躍中です。

【女性】O型の芸能人人気ランキング

順位 タレント名 スコア 調査時期
1位 北川景子 45.4 2022年8月
2位 深田恭子 40.0 2022年8月
3位 天海祐希 39.9 2022年8月
4位 多部未華子 38.2 2022年8月
5位 吉高由里子 36.6 2022年8月
6位 松任谷由実 36.3 2022年8月
7位 上戸彩 34.8 2022年5月
7位 菜々緒 34.8 2022年8月
9位 MISIA 33.8 2022年8月
10位 本田翼 33.7 2022年8月
11位 吉田羊 32.8 2022年8月
12位 広末涼子 32.7 2022年5月

O型の女性芸能人ランキングは、女優やモデルのほかにアーティストもランクインしており、バラエティ豊かなラインナップとなりました。詳しい活動を見ていきましょう。

1980年生まれで、主に女優として活躍しているタレントです。第1回クレアラシル『ぴかぴかフェイスコンテスト』でグランプリを獲得し、同CMへ出演したことがデビューのきっかけでした。

『ゼロの焦点(2009年)』では日本アカデミー賞優秀主演女優賞を、『鍵泥棒のメソッド(2012年)』ではブルーリボン賞助演女優賞を獲得するなど演技力には定評があります。

2022年以降も、11月公開予定の映画『あちらにいる鬼』や2023年放送予定の連続テレビ小説『らんまん』へ出演が予定されており、今後の活躍も楽しみな女優です。

2001年から舞台女優としてキャリアを積み、2007年に劇団を卒業後、ドラマ『愛の迷宮』の出演を皮切りに数々の人気ドラマやCM、映画に出演しています。

特に、2011年のNHK大河ドラマ『江 姫たちの戦国』や、木村拓哉主演の人気ドラマ『HERO』シリーズでは注目を集め話題となりました。

また、日本アカデミー賞 優秀助演女優賞(2015年)、ブルーリボン賞 助演女優賞(2015年)をはじめ、数々の賞を受賞する実力派女優へと上り詰めました。

1992年生まれで、モデルや女優として活躍しているタレントです。『ばっさー』の愛称で男女問わず親しまれています。ゲームが趣味で、それを生かした動画配信なども行っています。

バラエティ番組や音楽番組にも登場し、これまで『ぐるぐるナインティナイン』『ミュージックドラゴン』といった番組でレギュラーを務めていました。

女優としては近年、『絶対零度~未然犯罪潜入捜査~(2020年)』や『アプリで恋する20の条件(2021年)』、映画『劇場版 ラジエーションハウス(2022年)』といった作品へ出演しています。

また、LINEMO・ZOZO・エスエス製薬・森永乳業・マンダムといった有名企業のCMにも多く登場しているタレントです。

歌手として活動しており、1998年に『つつみ込むように…』でデビューしました。圧倒的な歌唱力が魅力のアーティストです。

数々のヒット曲を持っていますが、特に2000年リリースの『Everything』はドラマ『やまとなでしこ』の主題歌になったことも相まって、250万枚という大ヒットとなりました。

2004年は女性ソロアーティストとして国内初の5大ドームツアー制覇、デビューからの累計観客動員数300万人以上といずれも驚きの記録を樹立しています。

第71回の紅白歌合戦においては、トリも務めました。

1988年生まれで、モデル・女優として活躍しながらCMやバラエティにも出ているタレントです。2009年頃から芸能活動を始めると、女性が選ぶ“理想のボディ”ランキングで5年連続1位に輝くなどの実績を残しました。

NHK大河ドラマ『おんな城主 直虎(2017年)』やドラマ『サイレーン(2015年)』『BG〜身辺警護人〜(2018年)』『4分間のマリーゴールド(2019年)』などに出演歴があります。

KDDIのCM『au 三太郎』シリーズに現在も出演したり、2022年10月公開予定の映画『七人の秘書』への出演も予定されていたりするなど、今後も注目です。

1997年に第7回全日本国民的美少女コンテストで審査員特別賞を受賞し、本格的に芸能活動を始めました。

これまで2003年に日本ジュエリーベストドレッサー賞、2004年にエランドール賞新人賞、同年に日本アカデミー賞新人俳優賞・主演女優賞ノミネート、2005年にベストスマイルオブザイヤー受賞、2012年にクラリーノ美脚大賞受賞など、さまざまなジャンルで受賞歴がある大人気タレントです。

女優としての主な代表作にはドラマ『エースをねらえ!(2004年)』、NHK大河ドラマ『義経(2005年)』、映画『あずみ(2003年)』、ドラマ『昼顔(2017年)』などがあります。

1954年生まれのアーティストで、1972年に『返事はいらない/空と海の輝きに向けて』でデビューしました。

『やさしさに包まれたなら』『守ってあげたい』『卒業写真』『恋人がサンタクロース』『ルージュの伝言』『真夏の夜の夢』『春よ、来い』など非常に多くのヒット曲を生み出し、日本を代表する歌手の一人として親しまれています。

デビュー50周年を記念した全国アリーナツアーが2023年からスタートする予定です。

1988年生まれで、ドラマや映画で活躍している女優です。映画初出演は2006年の『紀子の食卓』で、第28回ヨコハマ映画祭最優秀新人賞を獲得しています。

その後は『蛇にピアス(2008年)』で主演を務め、日本アカデミー賞新人俳優賞とブルーリボン賞新人賞を受賞しました。

連続テレビ小説『花子とアン(2014年)』でヒロインを演じたり、ドラマ『東京タラレバ娘(2017年)』『危険なビーナス(2020年)』といった話題作へ次々出演したりと、目覚ましい活躍を見せます。

2024年にはNHK大河ドラマ『光る君へ』で主演を務めることも決まっており、今後も楽しみです。

1989年生まれで、これまで多くの作品に携わっている女優です。2005年にはブルーリボン賞新人賞、2006年には高崎映画祭最優秀新人女優賞、2015年には日本映画プロフェッショナル大賞主演女優賞など、数々の受賞歴があります。

また、東京海上日勤あんしん生命保険・森永製菓・花王・リクルートなどのCMにも出演しており好感度も抜群です。

2022年も映画『流浪の月』やドラマ『マイファミリー』への出演、さらに京都国立博物館 特別展『京に生きる文化 茶の湯』音声ガイドナビゲーターなど精力的に活動を続けています。

1967年生まれで、元宝塚歌劇団月組のトップスターでした。現在は女優としてドラマや映画をメインに活躍しています。

近年ではドキュメンタリー映画『私は白鳥(2021年)』でナレーションを務めたり、バラエティ番組『マルコポロリ』に出たりとより幅広い活動で話題です。

さらに、ニップン・キリンビール・P&G・第一三共ヘルスケアといった企業のCMに出演、2022年には舞台『薔薇とサムライ2-海賊女王の帰還-』でも活躍しています。2023年には映画『仕掛人・藤枝梅安』第一作にも登場予定です。

1982年生まれで、1996年に第21回タレント・スカウト・キャラバングランプリを獲得して芸能界デビューを果たしました。

これまでブルーリボン賞助演女優賞や日本アカデミー賞優秀主演女優賞、毎日映画コンクール女優主演賞など多くの賞を獲得してきた実力の持ち主です。グラビアも人気が高く、これまで何冊もの写真集を発売してきました。

主な出演作は映画『下妻物語(2004年)』『ヤッターマン(2009年)』『ジョーカー・ゲーム(2015年)』やドラマ『ストロベリー・オンザ・ショートケーキ(2001年)』『富豪刑事(2005年)』『ダメな私に恋してください(2016年)』などです。

1986年生まれで、モデルや女優として活躍しています。2003年に『美少女戦士セーラームーン』の実写版で女優としてのキャリアをスタートさせ、以降数多くの作品に登場してきました。

ドラマ『ブザー・ビート~崖っぷちのヒーロー~(2009年)』や『謎解きはディナーのあとで(2011年)』『家売るオンナ(2016年)』のほか、映画『パラダイス・キス(2011年)』『HERO(2015年)』『スマホを落としただけなのに(2018年)』などの話題作に出演しています。

2022年にも既に出演映画『大河への道』が公開されたほか、12月にも『ラーゲリより愛を込めて』が公開予定です。

O型特有の性格が垣間見える瞬間を探してみて

O型の人は行動力が抜群で、それゆえ目標を決めたらそこに向かって努力できます。また、仲間意識が高くコミュニケーション能力も高いため人付き合いも良好です。

芸能界にいるO型の人も、そんな性格から努力を怠らず、今の活躍へと結びついているのかもしれません。ランキングに入った人たちは、多くが長い間第一線に立ち続けていることからもそれが裏付けられるでしょう。

テレビや映画を見ていて気になる芸能人を見つけたら、血液型が何型かに注目してみるのも面白いのではないでしょうか。

A型の人気芸能人を男女別でランキング!あなたの好きな芸能人は?芸能界で血液型がA型の人には、どんなタレントがいるかご存じでしょうか?お笑い界や役者界、アーティスト界などいずれの分野でも、A型の芸能人...
あの芸能人もB型だった!B型芸能人の男女別ランキングB型の人にはどのようなイメージがあるでしょうか?アクティブ、正直者などの面があるB型ですが、芸能界にいるB型の人たちはどのような活躍をし...
あの芸能人もAB型!意外に多いAB型の芸能人ランキングAB型の芸能人にはどんな人がいるか、すぐに思い浮かぶでしょうか?一般的にAB型は天才肌と言われることが多く、事実芸能界でもマルチに才能を...
関連記事
ランキング

ポカリスエットのCMに出演した女優ランキングTOP6。ポカリスエットのCMに出演した女優をタレントパワーランキングで調査

11月 23, 2020
タレントパワーランキング
暑い夏にはどうしてもゴクゴクと勢いよく飲みたくなる飲み物”ポカリスエット”。 なかでも、ポカリスエットのCMに出演した女優と聞くと誰が …
センスが良い ランキング

【1位〜20位】センスが良い男性芸能人一挙公開。おしゃれなイメージを持つ男性をタレントパワーランキングで調査

11月 24, 2020
タレントパワーランキング
センスが良いと聞いて、どのような男性タレントを思い浮かべますか? 今回は、普段着や番組での衣装で、世間がセンスが良いと印象を持つ男性タ …