ランキング

あの芸能人も沖縄出身!意外に多い沖縄出身の芸能人をチェック

TPRサムネイル

美人が多い県として、沖縄の人気が広がっています。海外タレントのようなエキゾチックで神秘的、底抜けに明るい性格は非常に魅力的です。沖縄出身の芸能人を調べてみると、今まさに活躍している芸能人が数多くいました。ランキング形式で紹介していきます。

実は沖縄出身の芸能人は多い

芸能人の出身地を探していたら、「あの人も沖縄出身だったの?」と気づかされるように、沖縄出身の芸能人は意外と多いものです。その理由について、解説していきます。

沖縄には美人が多い?

大きくぱっちりとした二重の目や、彫りが深く海外モデルのような顔立ちは、沖縄美人の大きな特徴です。よく手入れされたツヤのある黒髪や、白くて滑らかな肌など、女性が理想とする見た目を持っています。

沖縄出身の芸能人も数多く、女優のみならずモデルやタレントなど、幅広く活躍しています。沖縄特有の美しい顔とスタイル、はつらつとした明るい性格で高い評価を得ているのです。

南国の島国らしいエキゾチックな魅力が、沖縄出身の芸能人には備わっています。

芸能人が多い理由は歴史にあり?

なぜこれほどまでに、沖縄には美人が多いのでしょうか?その理由は、沖縄人のルーツをたどってみると分かるかもしれません。

昔、日本には目鼻立ちのハッキリとした縄文人が住んでいました。やがて弥生人が渡来してきますが、本島と離れた島国だった沖縄には、縄文人がそのまま生き続けました。

弥生人には、上下に長い顔・一重・鼻が低いなどの特徴があります。一方の縄文人は、丸顔で彫りが深く、鼻筋がしっかりと通って歯が小さいとされているのです。美人の価値基準は時代によって変化しますが、海外モデルのような顔は縄文人特有のものになります。

また、沖縄ならではのゴーヤチャンプルやパパイヤなどの栄養素たっぷりの食事、国際結婚が盛んでハーフやクォーターも多い、楽観的で明るい県民性など、芸能人に向いている要素が沖縄には詰まっているのです。

沖縄の県民性が芸能人向き

沖縄は、島の位置関係から、アジアの要衝として海外と積極的に交流してきました。19世紀ごろまでは琉球王国として栄え、その後アメリカに統治されるなど、歴史的にも大きな変化が多かった沖縄の人々は、絆を大切にする郷土愛が人一倍強いのも特徴です。

『沖縄時間』とも呼ばれる、ゆったりとした時の流れを愛する性格は、競争の激しい芸能界でも生きています。楽観主義者で、差別をしない平和な思考回路は、敵を作らず手広くファンを増やすことに大いに役立つことでしょう。

「なんくるないさ=なんとかなるさ」というポジティブな考え方からも分かる通り、明るく前向きな県民性が芸能人に向いているのです。

沖縄出身の芸能人ランキングの算出方法

『株式会社アーキテクト』が実施する、オリジナルの集計方法により、沖縄出身の芸能人をランキング化しました。ランキングの調査方法について紹介します。

当社独自の集計方式で算出

ランキングは、パワースコアを元に順位付けしています。パワースコアとは、株式会社アーキテクトが3カ月に1度アンケートにて実施している、タレントの『認知度』と『誘引率(タレントが出ている番組を見たいかどうか)』のデータを掛け合わせたものです。

調査は、毎年2月・5月・8月・11月の計4回実施されています。タレントの有名度合いだけでなく、将来性や潜在的なパワーの指標にもなるランキングとなっています。

今回は、2021年のものだけでなく、幅広い年代からパワースコアをピックアップしました。

沖縄出身の男性芸能人ランキング

順位 タレント名 パワースコア 調査時期
1位 具志堅用高 25.4 2021年02月度
2位 GACKT 24.6 2021年05月度
3位 小島よしお 24.2 2017年11月度
4位 満島真之介 19.5 2021年05月度
5位 りゅうちぇる 19.4 2019年02月度
6位 ジョン・カビラ 14.9 2017年02月度
7位 山田親太朗 10.9 2018年02月度

沖縄出身の男性芸能人には、俳優やモデルなど、さまざまなジャンルの芸能人が集まりました。好感度の高い芸能人を紹介します。

モデルの山田優の弟であり、タレントの山田親太朗が7位にランクインしました。モデルとして2006年に芸能界入りし、その後俳優デビューや音楽活動などマルチな活躍を見せていました。

『クイズ!ヘキサゴンII』では明るく天然なキャラが受け、一躍人気者になります。そのとき親交を深めた島田紳助とは、一緒にYouTubeに出演するほど、今でも仲のよさがうかがえます。

2021年の7月には、自身のTwitterで昨年事務所を辞めたことを突然発表しました。芸能界を引退したわけではなく、今後は音楽活動などをマイペースに行うようです。今後は、2018年に就任した広告会社の取締役を、メインの活動とするのでしょう。

アナウンサーの父とアメリカ人の母との間に生まれたジョン・カビラは、那覇市出身のフリーキャスターです。アメリカのシンガーソングライター、デニース・ウィリアムズに「ラジオ向きの声ね」と褒められるなど、その声と彫りの深い顔立ちが特徴になります。

2020年には、『日本民間放送連盟賞ラジオ』のグランプリを受賞しました。数々のラジオ賞で大賞に輝くほど、その甘い低音ボイスが人気です。

『この差って何ですか?』のナレーション・スポーツ番組の中継・CMなど、落ち着いた渋い声と爽やかな顔立ちで幅広く活躍しています。

モデルのぺこと結婚し、今では1児の父親であるりゅうちぇるは、2018年には『イクメン オブ ザ イヤー』を受賞したり、インスタグラムやYouTubeで楽しく育児をする姿を見せたりと、家族を思いやる気持ちは人一倍強いようです。

枠にとらわれない柔軟な発想と差別のない性格で、今や文化人として多様性やSDGsの活動について発信しています。2021年の24時間テレビで、黒柳徹子と対談していた姿は記憶に新しいでしょう。

テレビやメディアなど出演の場所を限定せず、自分の思うままに進化を続けるりゅうちぇるから、これからも目が離せません。

2010年に舞台『おそるべき親たち』で俳優デビューした満島真之介は、その彫りの深い美しい顔とスレンダーなスタイルで、さまざまな映画・舞台・テレビドラマに出演しています。

姉は女優の満島ひかり、妹はモデルの満島みなみです。弟の満島光太郎はプロバスケ選手であり、兄弟そろって各方面で大活躍しています。

『白い巨塔』では、若手俳優ながら存在感をしっかりと示し、演技派俳優としての地位を確立しました。映画や舞台のオファーが途切れず、ラジオやCMなどで活躍する姿をたびたび目にすることができるでしょう。

「そんなの関係ねえ!」や「おっぱっぴー」などのリズムネタで大ブレイクした小島よしおは、活躍の舞台をYouTubeに移しながらも、その人気は衰えるどころかますますパワーアップしています。

小学生向けのYouTubeチャンネル『おっぱっぴー小学校』を開校し、よしお先生として子どもたちの素朴な疑問や、小学校で習う授業内容を分かりやすく解説しています。塾の講師に監修として入ってもらうなど、その徹底ぶりはまさに小さな小学校のようです。

テレビにおいても、バラエティだけが彼の舞台ではありません。NHKの教育番組や『短歌de胸キュン』などの番組に出演するなど、マルチな活躍で再ブレイクしています。

1999年にソロ活動を始動させてから、国内外問わずファンの多いアーティストがGACKTです。

二階堂ふみとのW主演による映画『翔んで埼玉』では、第43回日本アカデミー賞『優秀主演男優賞』を受賞するなど、音楽だけでなく俳優としての一面でも光り輝いています。『芸能人格付チェック』では、個人で65連勝中と記録を更新し、注目を集めました。

2021年の9月には、重度の発声障害のため療養せざるを得ず、大きなニュースになるほどでした。しかし、同月21日には自身のインスタグラムを更新し、病気と前向きに戦う姿勢を見せ、ファンを安堵させました。

 

具志堅用高は元WBA世界ライト・フライ級チャンピオンで、世界タイトルを13度連続防衛する偉業を達成した沖縄出身のタレントです。ボクシングというよりは、その明るい性格でタレントとしての印象が強いかもしれません。

『くりぃむクイズ!ミラクル9』や『ロンドンハーツ』などの人気バラエティ番組にも多数出演し、2021年で66歳を数える年代になってもパワフルに活動中です。

『ネトフリアニメ presents 吉田尚記のFUKABOLIX』にゲスト出演した際には、「最強の秘訣は?」という質問に「勇気ですよ」と言い切るなど、そのファイティングスピリッツと真っ直ぐな性格が周りから愛される秘訣なのでしょう。

沖縄出身の女性芸能人ランキング

順位 タレント名 パワースコア 調査時期
1位 新垣結衣 52.7 2021年05月度
2位 安室奈美恵 47.6 2018年05月度
3位 仲間由紀恵 35.0 2021年05月度
4位 二階堂ふみ 30.2 2021年05月度
5位 満島ひかり 25.3 2021年05月度
6位 比嘉愛未 25.1 2021年05月度
7位 国仲涼子 21.3 2021年02月度
8位 黒木メイサ 21.2 2020年11月度
9位 山田優 19.2 2019年08月度
10位 上原多香子 15.5 2016年11月度

沖縄出身の女性芸能人は、いずれも美人ぞろいで有名な芸能人ばかりです。パワースコアに従い、ランキング化した女性芸能人を紹介します。

1996年、SPEEDのメンバーとして歌手デビューしました。シングル『Body & Soul』が大ヒットすると、国民的ガールズグループへと成長します。

1999年にはソロデビューを果たし、ドラマや映画などの出演も増えました。愛と友情の青春映画『ドリームメーカー』の主演を務めるなど、歌手だけでなく女優業へも意欲があることがうかがえます。

2008年にSPEEDが復活し、4人での活動が増えた後でも、ソロ活動は行っていました。2018年に第1子が誕生すると、ママとして子どもを育てています。

ファッションモデル・女優・タレント・ソロ歌手と、マルチな活動で大活躍しているのが山田優です。

夫は俳優の小栗旬ということで、ハリウッド進出のため、今は家族全員でアメリカに移住しています。2020年には第3子が誕生し、ママとしてもますます輝いているようです。

2021年には、カジュアルファッションブランドの『Gap(ギャップ)』に親子として撮影に臨み、母と娘がポーズを決める微笑ましい撮影が行われました。家族仲のよさもたびたび報道されています。

エキゾチックな顔立ちと抜群のスタイルが目を引くのが、黒木メイサです。数多くのドラマ・映画・舞台・CM・テレビ番組に出演しており、女優・アーティスト・モデルと、さまざまな顔を持つマルチなタレントといえるでしょう。

夫は元KAT-TUNの赤西仁で、2017年には第2子が誕生するなど、公私ともに順調な様子です。ハリウッドで勝負したいという『アメリカ志向』が強い黒木メイサは、現在ハワイに移住しているという情報が報じられました。

『任侠ヘルパー』で女組長を演じたり、『ルパン三世』で峰不二子役を演じたりするなど、その演技幅の広さでも実力を認められています。これからの活躍に期待できる女優です。

2001年に放映された、NHK連続テレビ小説『ちゅらさん』のヒロイン役でその名を広く知らしめることとなったのが、女優・歌手の国仲涼子です。

夫は俳優の向井理で、美男美女夫婦として有名です。子どもは2人おり、育児に仕事にと精力的に活動しています。近頃は、沖縄のCMや沖縄で放映されている番組などを中心に活躍しているようです。

さらに、沖縄を愛する国仲涼子は、2019年に大部分を焼失した首里城の復旧活動にも力を入れています。2020年には首里城への思いを語り、復旧を願うメッセージが沖縄の新聞社『琉球新報』に寄せられました。

2003年に地元の沖縄でモデルとして芸能界入りすると、2005年には『ニライカナイからの手紙』で女優デビューを果たします。その後は、毎年のようにドラマに出演する名女優となりました。

2021年に入ってからも、テレビドラマ『推しの王子さま』『にぶんのいち夫婦』『死との約束』に出演するなど、活躍目覚ましい様子です。

テレビや映画に限らず数々のCMに出演したり、ゲーム『二ノ国 白き聖灰の女王』灰の女王レイナス役として声優に挑戦したりと、パワフルに活動の幅を広げています。

フランス系アメリカ人の祖父を持つ満島ひかりは、クォーターの女優です。その日本人離れした美貌で、数多くの作品に出演しています。

映画『デスノート』や『愛のむきだし』、安藤モモ子の初監督作である『カケラ』では主演を務めるなど、日本映画界になくてはならない女優です。

2018年には、長く所属していた芸能事務所『ユマニテ』から独立しました。フリーとなってからも、仕事は途切れていない様子です。

特に、2021年に放映されたUQモバイルの新CMでは、女王様である『UQUEEN』役が大はまりとなり、繁華街にはポスターが溢れています。

沖縄のフリーペーパー『沖縄美少女図鑑』がきっかけで芸能界入りしたのが、二階堂ふみです。その大きな黒い瞳とスラリと伸びた手足、美しいたたずまいで『nicola』の専属モデルを務めました。

役所広司が初めて監督を務めた『ガマの油』で女優デビューすると、その後は園子温監督作『ヒミズ』でベネチア国際映画祭マルチェロ・マストロヤンニ賞(最優秀新人賞)受賞を果たし、その名と演技を世界に知らしめました。

NHK大河ドラマにも数多く出演し、『西郷どん』『軍師官兵衛』『平清盛』などの話題作に名を連ねるなど、若手女優ながら実力派として人気を集めています。

仲間由紀恵は、2000年にスタートしたテレビドラマ『TRICK』にて、マジシャンの山田役を務めました。共演の阿部寛とともに、この作品で大ブレイクします。

『ごくせん』では、メガネでジャージがトレードマークの女教師・山口久美子役を演じてその人気と女優の地位を確実なものにしました。

『私は貝になりたい』で日本アカデミー賞『優秀主演女優賞』を受賞するなど、人気・実力ともにトップクラスの女優です。

2018年には一卵性で双子の、元気な男の子を出産しました。公私ともに輝く仲間由紀恵に、今後も注目が集まります。

10代でデビュー、その後1995年にソロデビューをしてから、『平成の歌姫』として数々の偉業を打ち立ててきたのが安室奈美恵です。

1996年代に若い女性が中心となって、安室奈美恵のファッションやメイクを真似る『アムラー』が流行り、社会現象にまでなる強い影響力を持っていたことがうかがえます。NHK紅白歌合戦には1995年から9回出場しており、高い人気をずっと維持していました。

2017年9月に、40歳の節目として引退を決定しました。翌年の9月18日をもって芸能界を引退した後は、プライベートや情報などを明かさずに、芸能界から完全に一線を引いているようです。

2001年にファッション誌『二コラ』のオーディションでグランプリを受賞し、華々しく芸能界に誕生したモデル・女優が新垣結衣です。

テレビドラマでは『コード・ブルー ドクターヘリ緊急救命』シリーズ、『掟上今日子の備忘録』での主演、『リーガルハイ』『空飛ぶ広報室』出演など、その功績は数えきれません。

ダンスが有名なTBS系連続ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』で共演した星野源との結婚は、日本中を騒然とさせました。

沖縄出身だからこその魅力!

沖縄には、島自体に人を惹きつける魅力のようなものがあるのでしょう。おおらかな気候、仲間を大事にする平和主義者な心根が、人気者を生む秘訣なのかもしれません。

沖縄出身の芸能人は、男女ともにマルチに活躍し、バイタリティーに溢れています。

外見だけではない内面の美しさも含めて、沖縄出身の芸能人は魅力がたっぷり詰まっているのです。

関連記事
誠実な男性 ランキング

【1位〜20位】誠実な男優(男性タレント)を一挙公開。真面目なイメージを持つ男性をタレントパワーランキングで調査

11月 15, 2020
タレントパワーランキング
誠実な男優(男性タレント)をランキング形式でご紹介します。 実力派から若手まで、幅広いタレントがランクインする目が離せない結果になって …