ランキング

京美人は清楚さと芯の強さのギャップが魅力!京都出身女優ランキング

京都出身の女優は、芸能界にたくさんいます。若手からベテランまで多くの女優を輩出している京都は、役者が育ちやすい環境にあるのです。さらに京美人という言葉にもある通り、美しい人が多いのも特徴でしょう。京都出身女優をランキング形式でまとめました。

京美人の魅力とは

京都の女性は『京美人』とも呼ばれ、昔から美しさに定評があります。京都で生まれ育った女性にはどのような特徴があり、なぜそう呼ばれるようになったかを解説します。

色白で着物が似合うなで肩

京美人といえば、まず連想されるのが色白な肌です。これには京料理によく使われる素材が関係しているという説があります。

湯豆腐・麹・お麩などに含まれている成分が美容によいことから、日常的にそれらを食べる機会が多い京都の人は、きれいな肌の人が多いとされているのです。

また、京都は盆地であるため、地下水の質がよく、それが肌にとってプラスの作用を生み出している説もあります。

ほかにも、京都といえば着物が有名ですが、着物と相性がよい体型はなで肩です。なで肩の人が多く着物が似合うのも、京美人の特徴といえるでしょう。

おっとりした優しさ中にある芯の強さ

京都には『京言葉』と呼ばれる言葉遣いがあり、おっとりとした、物腰柔らかい話し方が特徴です。会話中の気遣いが柔らかさを生み、場の雰囲気を大事にしたいときにぴったりです。

例えば、相手の発言を否定せずに「おおきに」「ほんまにい」という具合で、肯定的に捉えられるような返事が多く見られます。

また、「かんにんえ」と自分に非がなくとも自らを下げて謙遜しつつ、会話をスムーズに運ぶことができるのは、京言葉を使う京美人の得意分野といえるでしょう。

一方で、物腰柔らかくおっとりした話し方にもかかわらず、芯が強い性格の人が多いのも京美人の性質です。決めたことをやり遂げる強さや、自分の中にしっかりとした考えを持っている人が多い傾向にあります。

京都出身の女優ランキングの算出方法

タレントパワーランキング京都出身の女優ランキングは、『株式会社アーキテクト』が実施しているタレントパワーランキングの最新調査結果をもとに抽出しました。ランキングの調査方法について紹介します。

当社独自の集計方式で算出

京都出身の女優ランキングは、株式会社アーキテクトが実施する業界最大規模のタレント調査『タレントパワーランキング』をもとにパワースコアを算出、こちらのデータからランキングが作成されています。

パワースコアとは、調査結果をもとに、タレントの認知度(顔と名前を知っている)と誘引率(見たい・聴きたい・知りたい)を掛け合わせた値です。

今回のランキングは、2015年〜2021年に行われた調査をもとに作成しています。

京都出身の女優ランキング

順位 タレント名 パワースコア 調査時期
1位 吉岡里帆 30.8 2021年11月
2位 本田望結 20.5 2021年8月
3位 寺島しのぶ 18.3 2021年8月
4位 安田美沙子 17.7 2015年11月
5位 杉本彩 16.4 2021年8月
6位 坂下千里子 16.0 2017年8月
7位 泉里香 13.9 2021年11月
8位 横山由依(AKB48) 13.8 2021年11月
9位 中村静香 10.6 2021年8月
10位 井本彩花 2.5 2021年8月
11位 秋田汐梨 2.2 2021年11月
12位 木下彩音 1.6 2017年11月

京都出身の女優ランキングは、数多くの有名作品に出ているベテラン女優から、今後活躍が期待される若手女優までが入っています。それぞれどのような人物なのかを見ていきましょう。

2000年生まれの女優・タレントです。2015年に『第40回ホリプロタレントスカウトキャラバン』でグランプリを獲得して、デビューしました。

情報番組『めざましテレビ』内の企画『イマドキ』へ出演し、注目を集めます。女優としての出演作は、映画『かぞくわり(2019年)』や『記憶の技法(2020年)』などです。

ポムポムプリンのカフェに行ったり、映画鑑賞したりするのが趣味です。ほかにも、御朱印集めといった京都らしい趣味も持っています。

2003年生まれのモデル・女優です。2015年にファッション雑誌『nicola』のオーディションでグランプリを獲得し、モデル活動を始めます。2019年からはファッション雑誌『Seventeen』の専属モデルとして活動中です。

女優としては、映画『賭けグルイ(2019年)』や『星空のむこうの国(2021年)』などに出演しています。

また、35歳以下を対象とした新世代の映像クリエイター発掘・育成プロジェクト『HU35』での作品『鶴美さんのメリバ講座』では、主演を務めることが決まっており、ますますステップアップしている女優です。

2021年に上京して活動拠点を東京へ移しましたが、「地元から離れたことで、京都の素敵なところに気付いた」とインタビューで語っており、出身地への愛着は強いようです。

2003年生まれの女優です。2017年に『第15回全日本国民的美少女コンテスト』でグランプリに輝き、芸能界入りのきっかけとなりました。

2017年にドラマ『ドクターX~外科医・大門未知子~』で女優デビューを果たすと、ドラマ『女子高生の無駄づかい(2020年)』へも出演し、演技経験を積んでいます。

2020年にはNHK大河ドラマ『麒麟がくる』にも登場しており、着物姿がとても様になっていました。

2021年には『仮面ライダーリバイス』へ出演し、老若男女からの認知度を上げている今後注目の女優です。

「国民的美少女コンテスト」グランプリ出身の井本彩花が『仮面ライダーリバイス』のヒロイン役で活躍中『仮面ライダー』といえば、子どもたちに人気を集める特撮ドラマシリーズであるというだけでなく、スーパー戦隊シリーズと並ぶ若手男性俳優の登竜...

1988年生まれのタレントで、2003年に『第9回全日本国民的美少女コンテスト』の本選大会に出場したことにより、芸能界での活動を始めます。

『美少女クラブ31』のメンバーとして活動し、グラビアで男性層からの支持を集めました。特にバラエティ番組での活躍が目立ち、『ゴッドタン』や『探偵!ナイトスクープ』といった人気番組に出演し、知名度を上げています。

また、女優としても活動中です。代表的な出演作には『ごめんね青春!』や『警視庁 岡部班(2017年)』などがあります。

ほんわかしたキャラクターは愛らしさを感じることができます。『京都府宇治市観光大使』を務めていることからも、地元である京都と関わりの深いタレントです。

1992年生まれの女優・元アイドルです。2009年、『AKB48』の9期生オーディションに合格し、アイドル活動を始めます。2015〜2019年までは『AKB48グループ』の総監督も務めました。

女優として舞台『仁義なき戦い~彼女(おんな)たちの死闘篇~(2019年)』や『熱海五郎一座(2021年)』などに出演しています。

また、2020年には自身のYouTubeチャンネル『Yuihan Life』を開設し、雑談や買ったものの紹介など、日常のワンシーンを見られるのが特徴です。

京都出身であるためか『ゆいはん』という愛称で親しまれ、『横山由依がはんなり巡る 京都いろどり日記』という旅番組も製作されています。

1988年生まれのモデル・女優です。『テンペスト』『海月姫(2018年)』『隕石家族(2020年)』などの作品に出演しています。ブレイクのきっかけは、『OLが今一番なりたいモデル』というキャッチコピーでした。

抜群のプロポーションを生かして、ボディメイクブック『RIKAtoZ』や写真集『Rika!』『Madeira』なども発売している、優れたビジュアルの持ち主です。2017年には、自身初となるオフィシャルカレンダーも発売しています。

また、同2017年にはリニア誘致・北陸新幹線早期開業といった、京都市の政策課題をPRするための活動を手伝っており、地元への愛情も持っています。

1976年生まれのタレントです。1994年に『第2回アルペンTVCMイメージガール・オーディション』でグランプリを獲得し、CM出演をきっかけに芸能活動を開始しました。

以降、『王様のブランチ』や『ぐるぐるナインティナイン』『笑っていいとも!』などの人気バラエティ番組で存在感を示します。2022年2月時点では情報番組『ノンストップ』や『健康カプセル!ゲンキの時間』にレギュラー出演中です。

趣味はスノーボード・テニスとアクティブな一方、書道が特技であり、和を重んじる京都で育ったことも関係しているのかもしれません。

1968年生まれ、女優・実業家・ダンサー・作家と幅広い分野で活動しているタレントです。デビューは、1987年の『東レ水着キャンペーンガール』でした。

バラエティ番組『ウリナリ!』内の人気企画『芸能人社交ダンス部』で大会に出場し、入賞した経歴があります。女優としての実力も高く、映画『花と蛇』では見事な演技を見せました。

また、作家活動も行っており、著書『京をんな』では京都出身であることを生かし、官能的な世界観を表現しています。

1982年生まれのタレントです。20歳のとき、ミスマガジンに選ばれたことで芸能界デビューしました。

2004年からは、バラエティ番組『アッコにおまかせ!』準レギュラーとして活躍しています。ほんわかしたキャラクターと時折混ざる京都弁により、癒やし系キャラとして多くの人に認知されており、高い男性人気を獲得しました。

また、女優活動も行っており、『熟年離婚』『任侠ヘルパー』のほか、NHK連続テレビ小説『カーネーション』へも出演しています。

2020年には自身のYouTubeチャンネルを開設し、メイク紹介や芸能人とのコラボ企画でファンを楽しませています。

1972年生まれの女優です。1989年にドラマ『詩城の旅人』へ出演し、女優デビューを果たしました。

『赤目四十八瀧心中未遂』では第27回日本アカデミー賞最優秀主演女優賞を受賞、『キャタピラー』では銀熊賞(女優賞)受賞といった、輝かしい経歴の持ち主です。

近年の出演作には映画『ヤクザと家族 The Family(2021年)』やアニメ映画『アーヤと魔女(2021年)』で声の出演を行っています。

父が歌舞伎役者の尾上菊五郎であり、さらに芸能ごとが盛んな京都出身ということもあってか、芸能文化に小さい頃から触れていたことも名女優となった一因かもしれません。

2004年生まれの女優・フィギュアスケーターです。数々のフィギュアスケート大会で好成績を残す一方で、CMやドラマ、バラエティ番組など幅広く活躍するタレントでもあります。

これまで『プッチンプリン』や『三菱UFJニコスDCカード』、『ふみいろ年賀状』といったCMに登場しました。近年では、関西テレビの『こやぶるSPORTS超』でアシスタントMCを務めるなど、女優業以外も精力的に活動中です。

2022年には、Instagramで「実家なう。あいらぶ京都」とコメントしながら和風の庭を背景にした写真を投稿しており、豪華さと庭の広さが話題になりました。

1993年生まれの女優で、学生時代に映画のエキストラに出演したことがきっかけで女優を志しています。当時は京都と東京を往復しつつ、下積み時代を過ごしたようです。

NHK連続テレビ小説『あさが来た』やドラマ『カルテット』で演技力が評価され、世に認知されていきます。近年の出演作は、映画『Fukushima 50(2020年)』や『ゾッキ(2021年)』などです。

『UR賃貸住宅』『Y!mobile』『DIC』『日清食品』といった数多くのCMに出演していることでも知られており、好感度の高い人気タレントとして活躍しています。

また、『京都文化力プロジェクト』ではコラムを執筆しており、京都の魅力をたっぷりと語りました。その中では、「京都で芸術・文化に触れて育ったことが今につながっている」と述べています。

京都出身女優の映画やドラマをチェックしてみよう

京都出身の女優には、小さい頃から芸能ごとに触れる機会が多かったためか、女優の精神が根付いている人が多くランクインしています。

ランキングに入っている女優の中には、演劇に関する賞を取った経歴の持ち主もおり、高い演技力を持っていることがうかがえるでしょう。

ドラマや映画に京都出身の女優が出ていたら、地元とどのような関わりを持って活動しているかを調べてみるのも面白いかもしれません。

関連記事
男性受けする女性タレント ランキング

【1位〜20位】男性受けする女性タレント。男性への受けの良い女性タレントをタレントパワーランキングで調査

12月 24, 2020
タレントパワーランキング
男性受けする女性タレントTop20を発表します。 男性の心を掴んで離さない美しさ溢れる女性タレントは、一体どんな人物がいるのかをま …
タレントパワーランキング女性アイドル個人 ランキング

【2021年版】女性アイドルランキング個人編!総合TOP30をタレントパワーランキングで比較

8月 16, 2021
タレントパワーランキング
タレントパワーランキングが調査した、人気の女性アイドルの個人ランキングを紹介します。 アイドル活動をしながら女優やモデル業を並行して行 …