女性タレント

山本彩のニューシングル『ゼロ ユニバース』が10月28日に発売

旬のアーティスト・インタビュー 山本彩・前編

最近ではモスバーガーのCMに出演して可憐な存在感を見せている山本彩が、10月28日に4thシングル『ゼロ ユニバース』をリリースした。彼女自身が作詞作曲した表題曲はドラマ『あのコの夢を見たんです。』(テレ東系)のエンディングテーマに使用されるほか、自身が出演するモスバーガーのCMで流れている『愛なんていらない』、山本彩×日本生命「ニッセイ青春エールプロジェクト」テーマソングの『against』(通常盤に収録)とすべての収録楽曲が大型タイアップ曲。どのような思いを込めて曲作りに挑んだかなどを聞いた。

「ゼロ ユニバース」初回盤

いろんなタイプの曲を書くことができました

──今回のシングル『ゼロ ユニバース』の曲作りはどうでしたか?

いろんな曲を書くことができたなと思います。タイアップ作品ではタイアップする作品に寄り添って行ったり、自分が素直に思っていることに自然と寄り添っていけたりすることができたので、曲の制作が楽しかったです。

──タイアップが決定している曲に書き下ろしするというのは、今までのシングルを作るときとは違いましたか?

表題曲は、ドラマの原作の小説と台本を読ませていただいて、ドラマの世界に近づけて歌詞を書きました。逃げ出したくなるときが私もありますが、そういうときがあっても悪いことではないんだよと言ってあげたいので、そういうふうに感じながら聞いてもらえるとうれしいなと思っています。

──歌詞やメロディは、すんなりと生まれましたか?

メロディはいつもそんなに時間はかからないんですけど、書き下ろしをするというのが初めてだったので、歌詞は、タイアップするドラマなどに合わせて、みなさんが感情移入して聞いてもらえるか、(タイアップを)頼んでくださった方々に喜んでいただけるかという不安がありながら、いろいろ考えて作っていきました。

──エンディングテーマに流れるドラマ『あのコの夢を見たんです。』の原作や台本を読んだ感想は?

面白い作品だなと思いました。原作は読み切りの話が続いているんですが、それぞれが違った内容になっていて、幅広いジャンルの中で、しかも1つの「妄想」という軸があって、いろんな書き方をしているのがすごいなと思いました。

──表題曲以外のそれぞれの楽曲についても、どんな思いを込めて書いたのか、聞かせてください。

以前はグループに在籍しながら活動していて、卒業して間もない頃はグループのころの自分が抜けなくて、グループのメンバーとして見てくれている人のことを意識しながら曲を書いていたところがありました。でも、『愛なんていらない』は、それを考えずに、ひとりの人間として、アーティストとして書けたかなって。『against』は、プロジェクトに参加してくださったみなさんの協力があって、一緒に作った作品なので、うれしいです。

インタビュー後篇に続く

「ゼロ ユニバース」通常盤

■山本彩『ゼロ ユニバース』
10月28日発売/ユニバーサル・シグマ
通常盤(CD) 1200円(税別)/1320円(税込)
初回限定盤(CD+DVD) 1800円(税別)/1980円(税込)
FC限定盤(CD+DVD+特典スマホ専用VRグラス&オンデマンド視聴券+Photo Book) 7800円(税別)/8580円(税込)

 

山本彩(やまもと・さやか)
誕生日 1993年7月14日
出身地 大阪府
所属事務所 Showtitle
公式サイト http://yamamotosayaka.jp/
公式ツイッター https://twitter.com/SayakaNeon
公式インスタグラム https://www.instagram.com/sayaka__714/

 

関連記事