女性タレント

須田亜香里は、大きく変化した「2020年のSKE48とそのファンの人たち」について今どう感じているのか

suda-akari-ske48-interview

旬の女優&アイドルインタビュー 須田亜香里・後篇

初主演映画『オバカミーコ』が9月20日から「ABEMA」でプレミアム独占公開されている須田亜香里。

最近では『幸せ!ボンビーガール』(日テレ系)で実際に物件を探して東京・三軒茶屋で暮らして、これから上京する人たちの参考になる情報を伝えるという企画に挑戦した。

2017年には自己啓発本『コンプレックス力〜なぜ、逆境から這い上がれたのか?〜』を出版したことも記憶に新しい。

ここ数年の須田亜香里は、自分自身をアピールするだけでなく、SKE48やソロでの活動を通じて学んだことや得たものを、社会への還元として自分の言葉で伝えることにも力を入れているようだ。

最近の自分、アイドルの新時代、最近関心があることなどについて

昔は「生放送はNGだ」と言われてたんです(笑)

須田宣材写真(最新)
──インタビュー前篇では演技のお仕事についてお話をうかがいましたが、バラエティ番組での活動については、どう感じていますか?

私がこんなにバラエティに出させていただくようになるとは、思っても見なかったです。

デビューして3年目くらいまでは、「須田は、生放送はNGだ」って言われてたんですよ(笑)。

目立とうとして突拍子もないことを言ったり、スカートをはいてるのにY字バランスをしたりするので、生放送には極力出したくないってスタッフさんに言われてて。

まわりとの掛け合いも苦手で、人とからむと迷惑をかけるので、口を開くのが怖かった。

でも今は、しゃべるお仕事も増えて、生放送も好きです。わからないものですね。

──11月になるとSKE48に入って11周年になりますが、今の自分についてはどう思いますか?

こんなに長くアイドルを続けるとは、思いませんでしたね。

今は、肩の力を抜いて生きてます。

4~5年くらい前までは自分のアイドルの世界観を一生懸命作ってやってましたが、それだけだと魅力の引き出しを開けられる数が減ってしまうので。

自然体にいたほうが、人とのつながりのきっかけになったり、自分の魅力をわかってもらえるので、できる限り自然体でいることを意識してますね。

──お仕事をしているときの意識も、刻々と変化しているんですね。

でも、まだちょっとがんばりすぎかも(笑)。

収録が終わって楽屋に戻ってきてスタッフさんやメイクさんの前でぽろっと言う一声が、「あっ、どうしてこのひとことがテレビのカメラの前で言えなかったんだろう」と思うことがあると、まだまだ自然体になってないんだなって。

いつも自然体でいて、他の人とキャッチボールができるようになってから、演技も楽しくなりました。

前は自分のセリフを言うだけで精一杯でしたが、今はちゃんと共演者の方のセリフに反応して自分のセリフが言えるようになって。

──SKE48のメンバーとして活動しているときの気持ちも、変化しましたか?

グループで活動しているときも、ひとりのお仕事をするときも、どっちもホッとして、両方が息抜きになってます(笑)。

グループにいるときは自分の原点だし、自分を育ててくれた場所なので、そこでどうしたら還元できて恩返しになるかなと考えますし、ソロでのお仕事は今後の夢を描く時間になって、未来を感じます。

──コロナウィルス感染拡大の影響でファンの人たちとのコミュニケーションの場所が作りにくくなっています。一方で、配信での劇場公演など新しい試みも行われていますが、「SKE48のいま」については、どう感じていますか?

それぞれのグループが試行錯誤しながらやっていると思いますが、SKE48は遊び心があるスタッフが多いので、24時間生配信をしたり、私たちが新しいことをやってみることによってファンの人と一緒に楽しむことが出来ていると感じています。

ファンの人たちとなかなか会えないですけど、「10年間、握手会とかには行かずにお家で応援してきました」というファンの方とリモートでお話をする機会があって、新鮮でした。

今まで握手会に会いに来てくださっていた方はさみしいかもしれないですけど、今の距離感を楽しむ方法も、見つけつつあるのかなと思います。

──グループを卒業する予定だったメンバーの卒業コンサートが延期になったりもしていますね。

私は、ずっとSKE48を卒業しないとは思いませんが、今まで卒業していったメンバーが大きな会場で卒業コンサートをする姿を見ていて、自分が卒業するときにコンサートをするというのがイメージできなくて。

まだわからないですけど、自分は卒業ライブはしないかもしれないなって。

前のようにできる状況に戻ったとしても、自分は違った形で、みんなが楽しめる面白いことを卒業記念にできたらいいなと。

ドレスは着たいなと思いますが(笑)。

素顔の須田亜香里をもっと深く知るために、いろんな質問をしました

お母さんがカボチャを切る音に秋を感じました

suda-akari-obakamiko
★何かをしているときのBGMには、どんな音楽をかけたいですか?

私は、無音が好きです。

メイク中にメイクさんが「音楽、かける?」と聞いてくださることも多いんですけど、私は「いらないです」と答えます。

音楽に引っ張られちゃうんですよね。

高校生くらいの頃に、音楽をかけながら勉強していたら、歌ってしまって勉強にならなかったので(笑)。

BGMにするなら、バレエをやっていたこともあって、耳に馴染んでいるので、クラシックがいいです。

★秋を感じる音色は?

きのう、キッチンでお母さんがカボチャを「ガンガンガン」と切っていて、その音が「秋らしいな」と思いました。

★タイムマシンがあったら見てみたいのは?

将来、どんな人と結婚するのか、見ておきたい。

先に答え合わせをしておく(笑)。私は、映画や小説のオチを知っていても全然平気な人なんです。

最近、関心があることは?

それこそ、麻雀は、まだまだ全然わかりませんけど、やればやるほど楽しいなって思います。

こうしてお仕事でやってみた結果、主演映画にもつながって、思ってもみなかった未来に行けたので、出会ってよかったと思うものの1つです。

これからも楽しく、つきあっていきたいですね。

■映画『打姫オバカミーコ』
ABEMAプレミアム独占公開:2020年9月20日(日)昼12時~(全5話)
URL:https://abema.tv/video/title/137-67

出演:須田亜香里/萩原聖人/波岡一喜/百合沙/日比美思/小田あさ美/内山信二/じゃい/曽田陵介/天木じゅん/ 勝又健志(EX風林火山)/鈴木たろう(赤坂ドリブンズ)/丸山奏子(赤坂ドリブンズ)ほか
原作:片山まさゆき「打姫オバカミーコ」(竹書房刊)
主題歌:鈴木愛理『Let The Show Begin』
(C)AbemaTV,Inc.

須田亜香里(すだ・あかり)
誕生日 1991年10月31日
出身地 愛知県
所属事務所 TWIN PLANET ENTERTAINMENT
公式サイト https://www.tp-e.jp/akarisuda/
公式ツイッター https://twitter.com/dasuwaikaa?lang
公式インスタグラム https://www.instagram.com/akarisuda/