トピックス

2021年夏ドラマに出演する女優の世間でのイメージを比較

アーキテクトが実施しているタレントパワーランキングでは、そのタレントの名前も顔を知っていると答えた回答者に用意したワードの中から3つ選んでもらい、どのようなイメージを持っているかを聞くイメージワード調査を行っています。

今回は最新のイメージワード調査結果から、2021年夏クールの連ドラで活躍する波瑠、二階堂ふみ、福原遥、木村文乃、新木優子(放送曜日順)の5人の女優に、世間の人たちがどんなイメージを抱いているか、その違いを分析したいと思います。

新月9『ナイト・ドクター』は波瑠・田中圭・岸優太・北村匠海らが出演

ひと足早く6月21日にスタートした夏の月9ドラマ『ナイト・ドクター』(フジ系・毎週夜9時)に主演するのは波瑠です。このドラマには田中圭、岸優太(King&Prince)、岡崎紗絵、北村匠海らも出演します。イメージワード調査で波瑠は、「落ち着いた」「知的な」「クールな感じ」などで高いスコアを示しています。クールな役柄をよく演じているイメージが強いようです。

二階堂ふみが主演する『プロミス・シンデレラ』(TBS系・火曜夜10時)には眞栄田郷敦、松井玲奈、松村沙友理、岩田剛典らが出演します。二階堂ふみは「演技力がある」のスコアが今回比較した5人の中でトップでした。2012年に映画『ヒミズ』でヴェネツィア国際映画祭新人賞を獲得するなど、その演技力は海外でも高く評価されていますが、世間でも演技派のイメージが強くあるようです。そのほか、「個性的な」「力強い」「カリスマ性がある」「クールな感じ」の回答率も高くなっています。

春は『ゆるキャン△2』(テレ東系)で主演した福原遥が、夏クールは7月1日スタートの『IP~サイバー捜査班~』(テレ朝系・木曜夜8時)にヒロイン役で出演。主演は佐々木蔵之介で、福原は京都府警の新人刑事を演じます。イメージワード調査では「親しみやすい」「かわいい」「健康的な」「優しい」「素直そう」などで高スコアを示しています。親しみやすくて健康的な存在感を発揮して、日本郵便などのCMでも活躍中です。

木村文乃はジャニーズWEST・重岡大毅主演の『#家族募集します』に出演

木村文乃は、春クールは菅田将暉主演の『コントが始まる』(日テレ系)に出演しました。夏は。ジョニーズWESTの重岡大毅が主演する7月9日スタートの『#家族募集します』(TBS系・金曜夜10時)でヒロインを演じます。回答率が高いイメージワードは、「演技力がある」「落ち着いた」「ビジュアルが良い」などです。

7月4に日放送開始される中川大志主演の『ボクの殺意が恋をした』(読売/日テレ系・夜10時30分)でヒロインを演じる新木優子は、「センスが良い」「ビジュアルが良い」「清潔感がある」「品がある」などで高いスコアを示しています。透明感とエレガントな雰囲気が魅力的なモデル系女優として、20代女性を中心に支持されています。『ボクの殺意が恋をした』には鈴木伸之、田中みな実らも出演します。

文/高倉文紀