ランキング

大人の魅力と渋さが魅力!イケメンおじさん俳優の人気ランキング

ドラマ・映画で時には主演を務め、時には主役を支える助演として作品を彩るおじさん俳優がいます。中でもイケメンなおじさん俳優には、若手にない魅力がたくさんあります。どんなイケメンおじさん俳優がいるか、ランキング形式で見ていきましょう。

将来が楽しみ?イケメンおじさん俳優の魅力

近年では『イケおじ』と呼ばれるジャンルが誕生していますが、その定義はどのようなものなのでしょうか?若手との対比や、キャリア面から解説します。

若手にはない渋さと色気

若い頃にイケメンだった俳優であれば、年を重ねるごとに色気が出てきます。そこに渋さが加わってよりダンディーな大人の男性へと変わるでしょう。

もちろん、ルックスだけが特徴ではありません。それまで積み重ねてきた経験や、考え方といった内面も含めて生まれるのが『色気』です。

芸能界で輝き続けるイケおじ俳優も、ドラマ・映画への出演を重ね、経験を生かして渋さや色気を身に付けている人が多くいます。

渋さと魅力が生まれる理由

渋さや色気といった魅力が生まれる理由の一つに、『包容力』があります。

例えば、不測の事態や予想外のトラブルが起きたときでも、慌てず冷静に対処できる余裕には大人らしさを感じるでしょう。また、他人の相談ごとにどっしり構えて乗ってあげることも、包容力につながります。

これらは人生経験から学んだり、年を重ねて他人に寛容になったりすることで生まれるケースが多く、イケおじ俳優はこの条件を満たしているというわけです。

長年のキャリアで演技力も高い

イケおじ俳優の魅力は、演技力の高さにも表れています。ドラマ・映画に多く出演してきた経歴があれば、その分だけ経験豊かになり、演技力が身に付いてくるのです。

細やかな演技であったり、逆に派手なアクションであったり、積んできた経験が多いほど演技力も比例して高くなるでしょう。

そのような俳優が作品に登場すると、一気に作品の雰囲気が変わり、より物語に深みが出てきます。重くシリアスな作品でも明るいコメディー作品でも、その作品の色に合わせて多様な演技を見せられることが強みです。

イケメンおじさん俳優ランキングの算出方法

タレントパワーランキングイケメンおじさん俳優ランキングは、『株式会社アーキテクト』が実施しているタレントパワーランキングの最新調査結果をもとに抽出しました。ランキングの調査方法について紹介します。

当社独自の集計方式で算出

株式会社アーキテクトのタレントパワーランキングに登録されている、男性タレントの『男前な』イメージでスコアを算出しています。

『おじさん』を40歳以上60歳未満(2022年4月時点)と定義した上で、世間が男前なイメージを持つイケメンおじさん俳優を人気順に上位12名選出し、ランキング形式でまとめました。

調査は毎年実施しており、今回は2021年度のデータより算出しました。

イケメンおじさん俳優の人気ランキング

順位 タレント名 スコア 調査時期
1位 反町隆史 61.4 2021年
2位 木村拓哉 53.5 2021年
3位 ディーン・フジオカ 53.3 2021年
4位 竹野内豊 52.3 2021年
5位 伊藤英明 52.2 2021年
6位 玉木宏 51.7 2021年
7位 玉山鉄二 51.3 2021年
8位 岡田准一 50.7 2021年
9位 松岡昌宏(TOKIO) 48.4 2021年
10位 EXILE AKIRA 47.0 2021年
11位 斎藤工 46.4 2021年
12位 藤木直人 45.3 2021年

イケメンおじさん俳優の人気ランキングには、話題の作品に登場して時代をリードしてきた俳優が多くランクインしました。個々に詳しく見ていきましょう。

1972年生まれ、大学在学中に映画『花より男子(1995年)』に出演し、俳優デビューを果たします。

その後、ドラマ『ラブレボリューション』や『高校教師』といった作品へ出演を重ね、映画『g@me.(2003年)』で第27回日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞しました。

1999年には歌手としてCDデビュー、2008年には初の舞台『冬の絵空』に登場し、活躍のフィールドを次々と広げているタレントです。

1981年生まれ、高校時代にモデルとして活動していました。このとき、パリ・コレクションにも出ています。

2001年の映画『時の香り リメンバー・ミー』で俳優デビューすると、以降数々の作品に出演し、『オトコマエ!(2008年)』にてドラマ初主演を果たしました。

また、演劇ユニット『乱-Run-』を結成して活動しており、いち俳優にとどまらないタレントです。2015年にはエランドール賞を受賞しており、確かな実績もあります。

ダンスヴォーカルユニット『EXILE』の一員で、パフォーマーとして活躍中のアーティストです。2006年からEXILEに加入しています。

2008年からは俳優業も行うようになり、ドラマデビューは『Around 40~注文の多いオンナたち~』、映画デビューは『花より男子 F』でした。

映画『ちゃんと伝える(2009年)』で初主演を果たし、第19回日本映画批評家大賞新人賞を受賞しています。さらに、アジア映画『レジェンド・オブ・フィスト 怒りの鉄拳』にも登場し、国内だけにとどまらない活躍を見せています。

1977年生まれ、ジャニーズJr.のグループ『TOKIO』のメンバーとして活動していたタレントです。グループ内ではドラムを担当し、現在は『株式会社TOKIO』の取締役副社長・広報をしています。

グループ活動を行いながら俳優業も精力的にこなし、ドラマ『サイコメトラーEIJI』や『夜王』といった作品で主演を務めました。

2007年からは『必殺仕事人』シリーズに出演を続けており、ジャンルを問わずいろいろな役柄を演じられる俳優です。

1980年生まれ、ジャニーズJr.のグループ『V6』のメンバーとして活動していました。一方で、俳優としても広く認知されています。

ドラマ『木更津キャッツアイ(2002年)』で主演を務めたことで注目され、以降多くの作品で主演を務めています。

主な主演作品は、ドラマ『タイガー&ドラゴン』や『SP 警視庁警備部警護課四係』、NHK大河ドラマ『軍師官兵衛』です。

第38回日本アカデミー賞では、『永遠の0(2013年)』で最優秀主演男優賞を、『蜩ノ記(2014年)』で最優秀助演男優賞をW受賞し、演技力の高さが評判となりました。

1980年生まれ、ドラマ『ナオミ(1999年)』にて俳優デビューしました。

初めての映画主演は『逆境ナイン(2005年)』で、その後『ハゲタカ(2009年)』にて第33回日本アカデミー賞優秀助演男優賞を受賞しています。

2014年にはNHK連続テレビ小説『マッサン』で主人公を好演し、話題となりました。さらに2016年にはエランドール賞新人賞を受賞しており、実績も確かな俳優です。

近年の出演作品にはドラマ『風の向こうへ駆け抜けろ(2021年)』、映画『今はちょっと、ついてないだけ(2022年)』があります。

1980年生まれ、2001年に映画『ウォーターボーイズ』に出演して注目されるようになりました。

その後、NHK連続テレビ小説『こころ』に出演したほか、さらにNHK大河ドラマ『功名が辻』でも好演し、人気俳優の仲間入りを果たします。

また、ドラマ『のだめカンタービレ(2006年)』でさらに知名度を上げると、2007年にはエランドール賞新人賞を受賞しました。

近年の出演作品は、NHK連続テレビ小説『あさが来た(2015年)』『極主夫道(2020年)』などです。

1975年生まれ、ドラマ『デッサン(1997年)』への出演をきっかけに、多くのドラマ・映画へ出演するようになりました。

特に、自身の代表作ともいえる映画『海猿(2004年)』は人気作品となり、翌2005年にはドラマ化され、2006年には続編の映画も製作されています。

熱いキャラクターを演じることが多いイメージがありますが、映画『悪の教典(2012年)』では狂気じみた殺人鬼を演じて話題になりました。

近年の出演作品は、映画『3月のライオン(2017年)』やドラマ『病室で念仏を唱えないでください(2020年)』などです。

1994年にドラマ『ボクの就職』でデビューを飾り、数々のトレンディドラマに登場した俳優です。有名どころでは、ドラマ『星の金貨』『ロングバケーション』『ビーチボーイズ』といった作品があります。

また映画にもよく出演しており、『冷静と情熱のあいだ』『謝罪の王様』『シン・ゴジラ』といった話題作に登場し、作品のヒットに一役買いました。

2019年には、NHK大河ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺~』に出演しており、幅広い世代から支持を得ている俳優です。

1980年生まれ、香港でモデルをしていました。2006年には台北に活動拠点を移して、ドラマ・映画に出演しています。

2011年より日本でも活動を開始し、NHK連続テレビ小説『あさが来た(2015年)』に出演したことでブレイクしました。

2017年には映画『結婚』で主演を果たし、その後もドラマ『今からあなたを脅迫します(2017年)』や映画『海を駆ける(2018年)』といった作品で続々主演を務めます。

また、俳優業と並行して音楽活動も行っており、アルバムリリースや全国ツアーといった活動をしています。

1972年生まれ、ジャニーズ事務所所属のタレントです。アイドルグループ『SMAP』の一員として活躍していました。

アーティストとして多くの楽曲をヒットさせ、歌番組やバラエティ番組に登場しながら、俳優としても実績を残しています。

特にドラマ『ロングバケーション』や『ビューティフルライフ』、『HERO』といった作品は大ヒットを記録し、社会現象まで巻き起こしました。

1973年生まれ、多くのドラマ・映画に出演している人気俳優です。特に『ビーチボーイズ』や『GTO』は話題を集めた作品で、知名度を大きく上昇させました。

その後も、『ワンダフルライフ』や『グッドライフ』といったドラマ作品のほか、映画『君を忘れない』や『男たちの大和/YAMATO』に登場しています。

大人気シリーズ『相棒』では、season14〜20で水谷豊の相棒を務めており、これまでのシリーズ内において歴代最多出演本数を更新しました。

お気に入りのイケメンおじさん俳優を見つけよう

イケメンおじさん俳優は、これまで数々のヒット作に出演してきた実績のある人が多く、人気・実力ともに兼ね備えています。

さらに俳優業だけでなく、モデル・歌手・アイドルといった経歴を持つ人も多く、人生経験も豊かです。

ドラマ・映画でイケメンおじさん俳優を見かけたら、過去の経歴を調べてみるのも面白いかもしれません。

関連記事
ランキング

タレントパワーランキングが選ぶ「2022年上半期にブレイクした男性タレント・女性タレントTOP10」

7月 21, 2022
タレントパワーランキング
アーキテクトが実施しているタレントパワーランキングの調査結果をもとに今年上半期に大きな注目を集めて躍進した男女タレントそれぞれのトップ10を …