男性タレント

ドラマ『コントが始まる』で共演中の「93世代」、 菅田将暉、神木隆之介、仲野太賀のパワーを比較

ドラマ『コントが始まる』で共演中の「93世代」、
菅田将暉、神木隆之介、仲野太賀のパワーを比較

阿部寛主演の『ドラゴン桜』(TBS系)、『AI崩壊』の入江悠監督による『ネメシス』(日テレ系)、映画『花束みたいな恋をした』が大ヒット中の坂元裕二脚本による『大豆田とわ子と3人の元夫』(フジ系)など、各局の話題作がしのぎを削る2021年の春ドラマ。なかでもSNSで盛り上がりを見せているのが、日テレ系土耀22時枠の『コントが始まる』だ。

『コントが始まる』は、菅田将暉、神木隆之介、仲野太賀の3人が、結成10年の売れないお笑いトリオを演じる群像劇。菅田が個性的なネタを生み出すコント師、神木が金髪ながら物腰柔らかい元天才ゲーマー、仲野が雀荘で働く酒屋の息子を演じている。

脚本は、『俺の話は長い。』(日テレ系)で向田邦子賞を受賞した金子茂樹によるオリジナルだ。SNSを見ると、「菅田、神木、仲野の演技に引き込まれた」「冒頭のコントの回収がうまい」「刑事ものやラブコメに食傷気味な中で新鮮!」といった脚本への評価やキャスト陣の好演へのコメントが目立つ。

今回は、1993年生まれの同年代である菅田、神木、仲野のタレントパワーを比較してみたい。

21年2月度のタレントパワーランキング(男優・男性タレント部門)を見ると、ベテランの大泉洋や阿部寛らに続き、菅田が7位と大健闘。以降、小栗旬や佐藤健らに続き、神木が20位にランクインしている。仲野は173位だが、前回調査からスコアを急伸させた「男優急上昇ランキング」で5位と猛追ぶりを見せる。

次に、3人がどのようなイメージを持たれているのか、イメージワード調査の結果を比較してみたい。

「演技力がある」の1位は、神木隆之介。子役時代からの数々の名演が人々の脳裏に累積している結果だろう。2位は仲野太賀。コメディからシリアスまで、幅広い演技が評価されていそうだ。3位は、菅田将暉。17年の『あゝ、荒野』で日本アカデミー賞最優秀主演男優賞受賞に輝いた実力者だが、神木、仲野には後塵を拝した形となっている。

そのほか特徴的なイメージワードを比較すると、「個性的な」は、菅田と仲野が50%近いハイスコアであるのに対し、神木は12.1%と低くなっている。その神木が2人を大きく上回っているのは、「さわやかな」だ。仲野が独走するのは「面白い」、菅田が他を引き離すのは「センスが良い」「やんちゃな」となっている。

最後に、人別に1位項目をまとめると、以下のようになった。

菅田……「個性的な」「センスが良い」「クールな感じ」「男前な」「ヤンチャな」「存在感のある」「活発な」

神木……「演技力がある」「落ち着いた」「優しい」「知的な」「さっぱりとした」「誠実な」「さわやかな」

仲野……「力強い」「面白い」「包容力のある」

このようなイメージをうまく生かし、リアリティと見応えを生んでいるのが、『コントが始まる』だ。ハマり役の3人が、今後、どのような人間ドラマを織りなしてくれるのか、期待したい。

関連記事
女性タレント

【やっとアエル!成長した姿で、感謝の気持ちを直接伝えたい!!】 4thシングル「舞幻」を発売した男装グループ ael-アエル- にインタビュー!(後編)

4月 7, 2021
タレントパワーランキング
2019年3月にロック系男装アイドルとしてデビューしたael-アエル-(以下、ael)。前編では、4人が卒業し3人組となった気持ちや、その状 …