女性タレント

奈緒が1月20日放送開始の連ドラ『やめるときも、すこやかなるときも』でヒロイン役!

旬の女優インタビュー
奈緒(前篇)

『やめるときも、すこやかなるときも』2020年1月20日放送開始 日テレ

 

女優・奈緒。彼女の演技は、心のどこかにあるドアをやさしくノックしてくれるかのように響いて、新しい気持ちを呼び起こしてくれる力を持っている。2019年はドラマ『のの湯』(BS12)で連ドラ初主演、『ハルカの陶』で映画初主演を果たす一方、ドラマ『あなたの番です』(日テレ系)では狂気のストーカー役を好演して脚光を浴びた。2020年、さらに躍進することが期待される女優だ。そして、2020年1月20日にスタートするドラマ『やめるときも、すこやかなるときも』(日テレ)では広告制作会社勤務のヒロイン・本橋桜子役を演じる。新ドラマについて、「奈緒」という名前について、2020年の夢など、さまざまなお話を2回にわたって聞いた。

こんなにも「この役は手放したくない」と思ったことはない

──『やめるときも、すこやかなるときも』はどんなドラマなのですか?

ラブストーリーですが、物語の主人公は王子様とお姫様でもなく、それぞれが個々に心の傷を抱えていて、恋愛がうまくできない2人です。その2人が、誰かと、ともに生きていくということを選ぶ物語です。私が演じさせていただく桜子が、藤ヶ谷太輔さんが演じる壱晴と出会って、お互いが傷を持ったまま、やめるときもすこやかなるときも共に生きていくというのが、1つのテーマになっています。桜子は、家族に問題を抱えていて、そこから自分ひとりでは抜け出せなくて、まわりに対するコンプレックスを持っていて、自己評価が低い女の子なんですよね。自己評価が低くて自信がないからこそ、他人のことを好きになることにも、なかなか踏み出せない。今回のドラマの中で、桜子さんは、恋をするということはどういうことかを身をもって知っていくことになります。

──原作や台本を読んで、どう感じましたか?

私は連続ドラマで本格的なラブストーリーを演じるのは初めてなので、ちょっと緊張がありましたが、原作の窪美澄さんの小説を読ませていただいて、「この役はどうしても自分が演じたい」と思いました。今まで、これほどに「この役は手放したくない」と思ったことはなかったくらいに、役にシンパシーも感じました。

──ドラマを見る人たちが、いろんなことを感じて、考える契機になるドラマになりそうですね。

みなさんも自分にしかわからない悩みを抱えていると思うので、悩みの内容は違うけど、自分にも同じように悩みがあるなと感じながら見ていただけたら。人の弱さや悩みを全部肯定できるドラマになればいいなと思いながら、演じています。トラウマを抱えていて自信がない桜子が、恋愛をしてハッピーになったからよかったね、というのではなく、悩みを抱えていたときの桜子も肯定したい。

『やめるときも、すこやかなるときも』2020年1月20日放送開始 日テレ

 

──奈緒さん自身は、悩んでいることがあるときに、悩んでいる自分も肯定できるほうですか?

悩んでいるときは、とことん落ち込みますが、そういうときにドラマや小説に救われることが私も多くて、立ち直りは早いですね。今回のドラマで演じていて、役に共感できるのは、自分自身も悩みを持っている自分を肯定したいからだと思います。例えば、こういうインタビューで発言して、1年後に言っていることが変わっていたとしても、前の自分は間違っていた、恥ずかしいと思うのではなくて、そのときの自分も否定せずに、認めてあげられるようになればいいなと思っています。

──こういうふうに新しい出演作品が始まるときに、毎回、心がまえとして準備することはありますか?

自分が演じる役の名前の由来について、けっこう考えますね。ずっとその名前で呼ばれて生きていくので、名前はその人の人生を左右すると思うんです。今回の役は、「桜子」という名前を彼女の両親がどういう気持ちで命名したのか、本当のところは書かれていませんが、桜っていろんな人が見る花なので、きっといろんな人に愛されてほしいと思ってこの名前をつけたんじゃないかなって想像してます。だけど、実際には、誰からも愛される桜子になっていないと感じながら生きているんじゃないかなって。

──奈緒さんのご自身のお名前には、どんな由来があるのですか?

父が「いろんな人から愛されるように」と考えて、字画で決めた名前です。私は自分の名前が大好きで、(芸名に)名字をつけようかなと思った時期もありますが、大好きな「奈緒」があれば、それで十分かなって。名前のパワーを自分自身の名前でも感じています。その人の名前を呼ぶということが、その人にとって一番すてきな響きになると思っています。

✩奈緒の世間でのイメージは?~タレントパワーランキングのデータより

図表 タレント個人/イメージワード/女性/女優/2019年 全体(全年齢)

 

後篇では奈緒さんの素顔に迫ります(1月23日配信)。

■ドラマ『やめるときも、すこやかなるときも』

2020年1月20日放送開始
日テレ・毎週月曜深夜24時59分~ Huluでも配信
出演:藤ヶ谷太輔 奈緒 五関晃一(A.B.C‐Z) 金澤美穂 浅見姫香 中井友望 遠山俊也 手塚理美 火野正平ほか
原作:窪美澄
脚本:桑村さや香
演出:小室直子
公式サイト https://www.ntv.co.jp/tomoniikiru/

 

奈緒(なお)

誕生日 1995年2月10日
出身地 福岡県
所属事務所 アービング
公式サイト https://irving.co.jp/talents/nao/
公式ツイッター https://twitter.com/naonotubu
公式インスタグラムhttps://www.instagram.com/sunaosquare/

 

関連記事
女性タレント

映画『天気の子』で話題集める「2019年夏最強の注目株」森七菜が自分の性格を天気予報であらわすと?

7月 22, 2019
タレントパワーランキング
旬の女優インタビュー 森七菜(後篇) 新海誠監督の最新アニメーション映画『天気の子』(公開中)でヒロインの声を担当している森七菜 …
ランキング

【企業のキャスティング担当者必見!】マーケティング戦略の最重要世代とされる「F1層(20~34歳女性)」の支持が特に高い男性タレント・女性タレントBEST10

3月 29, 2022
タレントパワーランキング
新しいトレンドに敏感で消費動向のカギを握る世代としてつねにクローズアップされているのが、「F1層」と呼ばれる20歳から34歳までの女性です。 …